【悲報】3Dプリント出来る「安楽死マシーン」を「死の博士」が開発し炎上

2018年1月、東京の多摩川で亡くなった評論家の西部邁さんの自殺を手伝った疑いで、交友のあったテレビ番組制作会社の社員2名が逮捕された。

「自殺」や「自殺幇助」「安楽死」は日本の刑法では違法となる。

しかし、スイス、オランダ、ベルギー、カナダなど安楽死が法律で認められている国もある。

今後、日本で認められるようになるか分からないが、安楽死や尊厳死の分野に大きな波紋を呼ぶ発明品が、ついにお披露目された。

それが、3Dプリンターで世界中どこでも簡単に製作できる「安楽死マシーン」だ…

安楽死マシーン誕生

オランダのアムステルダムで開催された葬儀イベントで、こちらの近未来的なデザインのカプセルが公開された。

死の博士開発の安楽死マシーン

Photo|thesun

実は、これこそが「サルコ」と呼ばれる「安楽死マシーン」

開発を手掛けたのは70歳のフィリップ・ニチキ博士。

フィリップ博士は安楽死の分野で知る人ぞ知る有名人で、過去には4件の安楽死を違法に請け負ったこともあり、通称「死の博士」と呼ばれ、「自殺も市民の権利だ」と訴えてきた。

博士が開発した「サルコ」は、安楽死を希望する人がVRゴーグルをつけてカプセルに人が入ると、目の前にはアルプス山脈や大海原など美しい自然が目の前に広がり、次第に中にガスが充満し、苦しむこと無く安楽死することが可能だとか…

ALPS

博士によれば、将来的にサルコの3Dデータは、希望者に対してネット上でテストを行い、合格者はデータにアクセス出来る仕組みを考えているとのこと。

ただ、現状では「サルコ」に関するデータ全てが公開されているわけではないので、本当に誰もが安楽死マシーンを作れる日が来るのかは不明。

アムステルダムのイベントでは、VRゴーグルをつけてサルコの中へ入り、どのように安楽死が行われるかを疑似体験することも可能。

しかし、サルコに関しては安楽死が認められているオランダでも大きな非難を浴び炎上した…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-

© 2020 海外B級ニュース