【海外の怖い話】第50話「緊急通報」

背筋が凍るほど恐ろしい「海外で話題になった怖い話シリーズ」

今回は、緊急通報のオペレーターに関する怖い話…

怖い話 其ノ五十「緊急通報」

海外の怖い話「緊急通報」

「何か緊急の事態でしょうか?」

電話で話すことが得意でない私は、いささか戸惑ってしまいました。

これまでに緊急通報した経験もなかったし、顔も知らない人と喋るのは、とてもストレスを感じます。

ですが、悠長なことは言っていられません…

深呼吸をしてから、私の要望を端的に伝えることにしました。

「あの……はじめまして…私はカイリー・ウィルソンと申します。実は、お願いがございます。私の大切なトム・スミスが行方不明なのです」

「わかりました、いつから行方がわから…すいません、もう一度お名前よろしいですか?」

「トム・スミスです」

「いえ違います、もう一度、あなたの名前を教えてください」

この際、私の名前なんてどうでもよくて、問題なのはトムが帰ってこない事なんです。

それなのに、電話の向こうの見知らぬ女性は、何で一度言ったことを聞き返してくるのでしょうか。

「私の名前はカイリー・ウィルソンです。ちゃんと聞いてください、トムが12時間も家に帰ってこないのです。あなたは12時間くらい何の問題もないと思うかも知れませんが、過去にトムがこれほど家を留守にしたことはなかったんです。それに、行き先を告げないでどこかへ行くことなんてなかったから…だから私…」

「聞いてくださいウィルソンさん。今、あなたがいる場所の住所を教えてください」

どうして…

この女は私のことばかり聞いてくるのでしょうか…この電話は、本当に緊急通報へ繋がっているのでしょうか…?

「何で私の住所を教えなければならないのでしょうか?」

「ウィルソンさん、あなたは自分がどこにいるのか、わかっていますか?」

「自宅にいます…」

「ですから、住所を教えてください」

喉の奥のほうが痙攣を始め、右手に持っている電話も、とても重く感じます。この女には事の重大さが全くわかっていません…

「住所なんて知らないわよ!何か問題あるわけ!?ちゃんと聞きなさいよ!さっさとトムを探せって言ってるの!!!」

「ウィルソンさん、お願いですから、今、どこにいるのか教えてください。あなたの両親はとても心配して、捜索願いを出されて…」

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-

© 2020 海外B級ニュース