サッカーとアフリカ貧困の闇…悪質詐欺師がサッカー少年を騙して人身売買

サッカーとアフリカ貧困の闇…悪質詐欺師がサッカー少年を騙して人身売買

多くの国民が貧困に苦しんでいるアフリカの先進国では、ヨーロッパのサッカーリーグで活躍して、スター選手になることを夢見る少年は少なくない。

コートジボワール出身でプレミアリーグの得点王にも輝いたディディエ・ドログバ選手や、セネガル出身でアフリカ人史上最高額となる、移籍金約46億円でリヴァプールFCに引き抜かれたサディオ・マネ選手は、アフリカの子供たちにとって憧れのヒーロー。

そんなサッカー少年の純粋さにつけ込んだ悪徳サッカーエージェントの詐欺が問題となっている。

発行されないビザ

football

「君はプレミアリーグで活躍できる実力を持っている」

ナイジェリア人のアンドリュー・ジェラルドは、ラゴスのサッカークラブに所属していた18歳の時に、自称サッカーエージェントの男と知り合った。

イギリスのプレミアリーグで活躍できると信じて、アンドリューの両親は渡航費用などの名目でエージェントの男に大金を支払った。

 

アンドリューはナイジェリアからセネガルへ移動し、そこで「ビザが発行されるまで1週間かかる」と告げられた。

しかし、ビザが発行されることはなく、14年間セネガルのダカールで強制的に働かされ、最終的に彼は逃亡して助けを求めた。

すでにアンドリューは33歳。悪徳エージェントに騙され、人生を棒に振ってしまった…

「僕はエージェントの男を信じていた。プロになれると約束したんです。でも、全てを失いました。サッカーで活躍する夢を捨てられず、逃げ出すことが出来なかった」

アンドリューのようなケースは氷山の一角で、年間15,000人ものサッカー少年が、悪質な詐欺に騙されていると言う…

本当にあった怖いニュースカテゴリの最新記事