【奇病】居眠り病が蔓延した村の現在は?原因は汚染された地下水?

2012年…ロシアと中国に隣接する中央アジアのカザフスタン共和国、カラチ村で奇妙な病気が蔓延し始めた。

それまで健康には問題のなかった村人たちが、突然、深い眠りに襲われるようになったのだ。

居眠り病のカラチ村

原因不明の奇病「居眠り病」にかかったのはカラチ村で暮らす子供から大人まで約160人。

一日に何度も眠りに落ちてしまったり、1度に6日間も眠り続けてしまったり、原因がわからず医者も手の施しようがなかった。

事態を重く見たカザフスタン政府が調査に乗り出すと、奇病の原因も見えてきたが…

居眠り病のカラチ村

居眠り病が蔓延したカラチ村とその後の調査結果…

カラチ村での奇妙な居眠り病が世界的にも話題となった後、2014年に地元新聞社が現地取材を行った。

「居眠り病の住民は、意識がある時は問題ないが、強烈な眠気に襲われると抗うことが出来ず、眠りから起きると直前に自分が何をしていたのか記憶がなくなっている」

「ある男性は眠りから覚めると強い興奮状態で、すぐに妻の体を求めた。この興奮状態が一ヶ月以上続いた」

「住民たちは睡眠の前後で、幻覚を見ている。ベッドの中で翼の生えた馬や蛇を見た子供や、突然飼い猫がおかしくなって壁に身を投げるのを見たという主婦の証言もある」

居眠り病のカラチ村

記憶障害、幻覚症状も伴う居眠り病の原因として「粗悪なウォッカ」「集団ヒステリー」「突発性のナルコレプシー」などの仮説も囁かれた。

2015年、カザフスタン政府は居眠り病に関する調査報告を発表。原因は「一酸化炭素中毒」だと明らかにした。

居眠り病が蔓延していた当時、カラチ村では通常の10倍以上、一酸化炭素濃度が高かったそうだ。

調査に参加したロシアの科学者によれば「近くの廃坑となったウラン鉱山の地下水から一酸化炭素が大量発生し、カラチ村に流れ込んだ。その結果、住民たちを深い眠りに誘った」とのこと。

多くの住人たちはカラチ村から移住して、しばらくすると居眠り病の症状も現れなくなったと言う。

ただ、この調査結果に異論を唱える研究者も…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS