【怖い未解決事件】悪徳警察官の保険金殺人と被害者親子の不気味なシンクロニシティ

【怖い未解決事件】悪徳警察官の保険金殺人と被害者親子の不気味なシンクロニシティ

これは、ある母と娘の身に起きた、あまりにも不幸な偶然の一致に関する話。

アメリカ合衆国イリノイ州の都市ボーリングブルックに住む23歳のステイシー・ピーターソンが姿を消したのは、2007年10月28日のことだった。

この失踪事件で容疑者として真っ先に疑いの目をかけられたのは、30歳年上の夫で警察官のドリュー・ピーターソン。

悪徳警官の保険金殺人事件

ドリューは過去に結婚と離婚を繰り返し、ステイシーは4番目の花嫁。

「彼女は結婚生活に悩んでいた」と知人が証言したように、2人の関係は結婚当初から上手くいっていなかった。

スポンサーリンク

疑われた理由は、まだある。

ステイシーの失踪より遡ること3年…

当時ドリューの結婚していた3番目の妻キャスリーンが、バスタブで死亡している所を発見された。

悪徳警官の保険金殺人事件

当時、それは偶然起こってしまった不幸な溺死事故だと判断され、周囲は最愛の妻を亡くしたドリューに同情した。

しかしステイシー失踪後に改めて身辺を捜査すると、キャスリーンが死亡したことで夫のドリューは不自然なほど多額の保険金を受け取っていたことが明らかとなった。

この事がきっかけとなり、ステイシーの失踪から2年後の2009年、警察官ドリュー・ピーターソンは3番目の妻キャスリーン殺害の容疑で逮捕され、裁判で懲役38年が言い渡された。

悪徳警官の保険金殺人事件

しかし、若妻ステイシー・ピーターソン失踪に関しては、遺体が発見されておらず、ドリューは容疑者のままで未解決となっている。

この失踪事件には、さらに不気味な一面がある。

それはステイシー・ピーターソンの実の母親に関する不可解な事件…

海外の怖い話まとめカテゴリの最新記事