【実話】40年後に解決した幼い姉妹の誘拐事件…犯人は目撃者の中にいた

日本で発生した事件を警察が解決に導く割合は、約3割と言われている。

世界的に見れば、日本は凶悪犯罪の発生率が低く、安全で住みやすい国であることは間違いないが、事件を起こした犯罪者の7割は罪に問われる事なく、逃げおおせているのが現実だ。

アメリカの犯罪検挙率は更に低く、約20%ほど。

実際に、多くの謎を残しながら未解決のままとなっている事件は少なくない。

1975年にアメリカで発生した幼い姉妹の失踪事件も、長らく迷宮入りとなっていた。

しかし、姉妹が姿を消してから40年もの月日を経て、警察は事件の謎を解き明かし犯人逮捕に漕ぎ着けた。

これは、まるでサスペンス映画のような、本当の話…

幼い姉妹の失踪事件

40年後に解決した姉妹の失踪事件

1975年3月25日

アメリカのメリーランド州に暮らすシェイラ・リヨン(12歳)とキャサリン・リヨン(10歳)の姉妹は、ちょうど学校が春休み期間だったので、この日は自宅から800mほどの場所にあるショッピングモールへ出かけることにした。

姉妹はショッピングモールで開催されていた、イースター関連のアート展を見学して、ランチを食べる予定を立てて自宅を午前11時頃に出発。

姉妹にとっては、何度も訪れたことのある馴染みのスポット。

しかし、母親と午後4時までに帰宅すると約束していたにも関わらず、姉妹は午後7時を過ぎても戻ってこなかった。

母親からの通報を受けて、警察は大規模な捜査を開始。

姉妹の事を知る地元の人達からも目撃情報が寄せられた。

「午後1時頃、ショッピングモール内のレストランで食事していた姉妹が、茶色いスーツを着た60歳位の男と話をしていた」

「長髪の若い男性と姉妹が話をしていた」

「3時頃、姉妹はショッピングモールから自宅方面に向かって歩いていた」

全国放送のニュース番組でも姉妹の失踪が取り上げられ、アメリカ国民から大きな関心が寄せられたが、姉妹の行方につながる手がかりは一向に掴めず、事件は暗礁に乗り上げた…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-,

© 2020 海外B級ニュース