意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

世界仰天ニュース

睡眠の奇病「眠れる森の美女症候群」の女子大生は3週間眠り続け大学留年

更新日:

イングランドのレスターシャー州に住む21歳の女子大生ローダ・ロドリゲス-ディアスさんは、非常に珍しい睡眠の奇病「眠れる森の美女症候群」に悩まされている…

睡眠の奇病【眠れる森の美女症候群】に苦しむ女子大生

Photo|mail

100万人に1人の「眠れる森の美女症候群」

説明するまでもないけれど「眠れる森の美女」はディズニーのアニメ映画でもお馴染みの、ヨーロッパに古くから伝わる民話。

魔女の呪いで眠りから目の醒めないお姫様のように、ローダさんも一度眠りに落ちてしまうと、普通では考えられないほど夢の世界をさまよい続けてしまう。

この「眠れる森の美女症候群」は、正式には「クライン・レビン症候群」と呼ばれ、患者は100万人に1人と言われる非常に珍しい睡眠障害で、本人の意志とは関係なく、20時間を超える睡眠を繰り返してしまうのが特徴。

ローダさんは幼い頃から、1度に22時間以上眠り続けてしまうこともザラで、目を覚ましたと思っても夢遊病のような状態で水を飲み、食事をし、トイレを済ませ、再び眠りに落ちてしまう

「眠れる森の美女症候群」で大学留年

睡眠の奇病【眠れる森の美女症候群】に苦しむ女子大生

Photo|mail

幼少期のローダさんを診察した医者は「成長すれば症状は改善されるだろう」と助言したが、10代、20代と睡眠時間は増えてしまい、不可避な長時間睡眠は日常生活にも支障をきたしている。

「目を覚ました時に、1週間が過ぎていたことに気付いた時は、とてもショックです。また多くのことを見逃してしまったと。ただ、とても珍しい障害なので、周りに説明するのが難しく、理解してもらえないことも多々あります」

大学2年のときには、試験期間中に眠れる森の美女症候群の症状が3週間ほど続いてしまい、試験を受けることが出来なくて留年してしまった。

「事情を知らない人からは怠け者呼ばわりされることもあって、とても不本意です。私自身この症状に苦労しているんです。でも、自分ではどうにもならないので、今は症状がフェードアウトしてくれるのを待っています。真剣に考えているんですけど、どうにもならないんです…」

関連記事:「世にも奇妙な恐怖症」に苦しむ人達の症例

関連記事:精神疾患「双極性障害」で苦しむセレブ10人

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

-世界仰天ニュース
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.