自殺ゲーム「青い鯨」再ブーム!11歳少年が脅迫されリストカット

自殺ゲーム「青い鯨チャレンジ」とは?

自殺ゲーム青い鯨チャレンジの恐怖再び

2015年前後にロシアから始まったとされる自殺ゲーム「青い鯨チャレンジ」をご存知でしょうか?

「青い鯨チャレンジ」とは、ネット上のコミュニティで自殺に興味のある参加者を募り、50日間に渡って様々な司令が与えられ、最終的には自殺に追い込まれる、悪質極まりないゲーム。

ロシアでは2015年11月から半年間で130人以上の青い鯨チャレンジ参加者が自殺。欧州各国や北米、南米にも波及して社会問題となりました。

青い鯨チャレンジ首謀者逮捕

2016年には、このシステムを考案した21歳のロシア人フィリップ・ブデイキンを逮捕。

大学で心理学を専攻していたフィリップは「社会を浄化すること」を目的として、少なくとも16人の10代の少女を自殺に追い込んだ鬼畜で、裁判では懲役3年の実刑判決。

この青い鯨チャレンジが各国で問題視され、広くメディアで報じられたことから危険なブームは収束したと思われていたのですが…

2020年に、再び自殺ゲーム「青い鯨チャレンジ」が復活の兆しを見せ、若い犠牲者が出始めているそうです。

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2020 海外B級ニュース