【臓器売買の怖い話】出稼ぎ先のドバイで内蔵を盗まれてた女性は腎臓が消失

貧しいアジア諸国から、中東の資産家のもとへ出稼ぎに出る女性は多い。

ところが、その女性たちが雇い主から身体的、精神的な虐待を受けるケースが後を絶たず問題になっている。

そして新たに、虐待を超えるほどに非人道的でショッキングなニュースが報じられた。

出稼ぎ先で内蔵を盗まれた女性

YOUTUBE|Minta Bantuan Bupati

インドネシア生まれのスリ・ラビタさんは現在25歳。

スリさんは中東へ出稼ぎに出ようと、2014年に地元の職業紹介所に相談した。

当初はドバイ行きが決まったと告げられたが、出発直前にカタールへ変更され、そのまま現地へ飛んだ。

スリさんはカタールの富裕層宅で働くことになったが、到着するとすぐに雇い主は病院での健康診断を受けるよう命じた。

感染症にかかっていないか、働くのに十分な体力があるかなどを調べるためだと説明を受け、仕事始めから3日後にスリさんは病院へ連れて行かれた。

診察を担当した医師は「リラックスさせるため」との理由で彼女の同意を得ないままに注射を打ったと言う。

その後スリさんは朦朧として意識を失ってしまう…

スリさんが覚えているのは、医療器具が大量に並べられた一室に運び込まれたところまで。

本当にあった怖い話

再び目を覚ました時、スリさんは腰の右側に鋭い痛みを覚えた。

そこには身に覚えのない傷跡があったそうだ...

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS