本当にあった怖いニュース

アップルCEOが悪質ストーカー被害!自称ティム・クックの妻45歳が怖い

2022年1月に史上初の時価総額3兆ドルを突破した巨大企業アップル。

しかし、ここまでアップルを成長させたCEOティム・クックは、プライベートで非常に厄介な問題に巻き込まれ、頭を抱えていた。

頭のおかしい女ストーカーに粘着され、何度も脅迫を受けていたのだ!!!

アップルCEOのティム・クックがストーカー被害

アップルCEOがストーカー被害

「私が産んだ双子の子供の父親はティム・クックなの」

「料理も掃除も夫のティムが全部やってくれるの」

「現金で5億ドルくれれば全てを忘れて、あなたを許すわ」

ソーシャルメディアに、このような書き込みを繰り返していたのは、アメリカのバージニア州に住むジュリア・リー・チョイ45歳。

アップルCEOのティム・クックがストーカー被害

彼女は2020年ハロウィン頃から、突然、ティム・クックに粘着し始め、「私はティム・クックの妻なのよ!!!」と事実無根の妄想を撒き散らし始めた。

大企業の経営者なら、内縁の妻や隠し子がいても不思議じゃないけれど、ティム・クックにそれはありえない。

彼は2014年に自身がゲイであることをカミングアウトしているからだ。

それでも、自分のことをジュリア・リー・クックと名乗る粘着女は、ティム・クックのTwitterに脅迫コメントやピストル、弾薬が写り込んだ写真などをバンバン投稿。

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラのTwitterに「今すぐに私の夫ティム・クックのフォローを外せ」と難癖つけたり、やりたい放題。

さらに粘着ジュリアは、カリフォルニア州やニューヨーク州、バージニア州で次々と有りもしない会社の設立を申請。その全ての会社の経営者にはティム・クックの名が書かれ、会社の住所もアップル本社やティム・クックの自宅を記載。

2021年10月にはカリフォルニア州にあるティム・クックの自宅にアポ無しで現れ、駆けつけた警察官と一悶着起こしている。

このような度重なる迷惑行為に対して、ついにアップルは法的手段に訴えることにした。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2022 海外B級ニュース