「蛇の毒入りカレー大量殺人事件」で若妻逮捕!動機は陰湿な嫁イジメ

インドの都市カラプールで事件が起きた。

100名以上が参加するパーティーで出席者たちが次々と吐き気や胃の痛みを訴え、88名が病院へ搬送さ、5名が命を落とす最悪の結果となった。

捜査に着手した警察が出席者たちに事情聴取を行うと…

「私が料理に蛇の毒を入れました」

犯行を自白したのは、パーティーで料理の給仕をしていた23歳のプラディーニャ・サーヴァスだった。

毒入りカレーで逮捕された犯人と地獄の結婚生活

蛇の毒入りカレー大量殺人事件

事件発生より2年前、プラディーニャ・サーヴァスは目出度く結婚して、夫の家族と同居生活を始めた。

しかし、プラディーニャにとって新婚生活は夢も希望もない地獄の日々だった。

夫や義理の母からは「肌の色が暗い」「料理が下手くそ」と侮辱され、夫の妹や義理の母の妹夫婦からも、陰湿ないじめを受け続けた。

周りに味方のいない、蔑まれるだけの毎日。

プラディーニャの不満は、いつしか殺意に変わり、最悪の事件を引き起こしてしまった…

蛇の毒入りカレー事件

curry

「パーティーを開くから料理給仕をやってちょうだい」

義理の母の妹が主催するパーティーで、プラディーニャは料理を運ぶ給仕を命じられた。

大勢の親戚が集まる盛大なパーティーには、日頃から彼女を虐げてきた人物が全員集まる。

プラディーニャは「このパーティーで料理に毒を混ぜて、夫や義理の母や憎い親族をまとめて毒殺しよう」と考えた。

当日、プラディーニャは事前に手に入れた蛇の毒を持参して、料理をテーブルへ並べつつタイミングを伺った。

しかし、参加者が多いのでターゲットの料理だけに毒を盛るのは難しく、ついにプラディーニャは不特定多数が食べる用のダール(豆と香辛料を煮込んだカレーのような料理)の中に蛇の毒を入れてしまった…

蛇の毒入りカレー大量殺人事件

食事を終えて3時間ほど経つと、パーティーの参加者たちが次々と体長の異変を訴えて病院へ搬送。

命を落とした5名の中には罪のない幼い子供も含まれていたが、皮肉なことに、プラディーニャが殺害を計画していたターゲットは全員無事だった。

犯行を自供したプラディーニャは逮捕され、裁判の結果次第では死刑の可能性も…

こんな本当にあった怖い事件も…

【全部実話】怖い未解決事件まとめ…本当にあった凶悪犯罪のヤバイ謎
警察の必死の捜査にも関わらず未解決のまま捜査が打ち切られてしまう事件は多く、凶悪な犯人も野放しのまま…ここでは、過去に海外で発生し未解決となっている事件の中から、特に謎めいた事件とヤバ過ぎる事実を紹介していきます...
呪術の怖い話「本当にあった呪い・スピリチュアル・占い事件」まとめ…
海外では「魔女」や「呪術師」を生業としている人も多く、「本当に呪いは存在する」と信じている地域は珍しくない。ここでは、本当に海外で発生した「呪い」や「呪術」に関するス事件、それも最近に起こった怖い話ばかりを厳選してキュレーションしました…
大富豪の孫を殺人容疑で逮捕!資産400億の相続人が親友を刺殺!?
殺人事件の容疑者は莫大な財産を築いた大富豪の孫だった…2023男12月24日のクリスマスイブに殺人事件が発生。被害者は23歳の不動産測量士で、刃物で刺された状態で発見され、その後、死亡が確認された。事件の容疑者はすぐに逮捕されたのだが…

Source