内蔵を売って最新iPhone買った中国人少年の悲惨過ぎる末路…

内蔵を売って最新iPhone買った中国人少年の悲惨過ぎる末路…

2018年にAppleからiPhone XSシリーズが発売されましたが、価格はどれも10万円オーバー…

高性能でディスプレイが綺麗だからって、簡単に手が出せる代物じゃございません。

ましてや最新ガジェットに敏感な若者にとって、最新のiPhoneは高嶺の花。

「新しいiPhone欲しいから内蔵売っちゃおうかな〜」なんて冗談を言ってる人もいるかもしれませんが、中国ではiPhone欲しさに本当に内蔵を売ってしまった少年が、悲惨な生活を送っています。

 

iPhone4買うために腎臓売った17歳

これは今から7年前の話。

中国の安徽省に住む当時17歳のシャオ・ワンさんは、当時最新のイケてるガジェットiPhone4が欲しくて仕方ありませんでした。

Apple iPhone4 32GB ブラック MC605J/A

しかし、シャオさんの家庭は貧しく、両親におねだりしてもiPhoneは買ってもらえません。

何とかしてiPhone4を手に入れたかったシャオさんは、熟考の末に一つのアイデアを閃きます。

「腎臓って2個あるから1個売っても問題ないっしょ!!!!!」

通常、人間の体には左右2つの腎臓があり、血液をろ過して老廃物や塩分を尿から身体の外へ排出してくれます。

 

腎臓の働きが悪くなると、尿の排出も悪くなり、老廃物が体に蓄積されて「尿毒症」になってしまいます。

2つあるからって簡単に手放すべき臓器ではないのですが、物欲の悪魔に負けたシャオさんは、腎臓を買い取ってくれる業者を調査。

漫画をBOOK OFFへ下取りに出すように、腎臓を買い取ってくれる店なんて普通は存在しませんが、シャオさんは内蔵買い取り専門の地下病院を発見。

連絡すると「腎臓1個22,000元(約35万円)なら買うよ」と下取り価格を提示されて交渉成立。

iPhone欲しくて内蔵売った少年
Photo|worldofbuzz

手術のために、地元の安徽省から湖南省まで出向いてシャオさんは腎臓を1つ摘出し、手にした金で念願のiPhone4をゲット。

闇医者からは「1週間後には普通に生活できるよ」と告げられたそうですが、その後は悲惨な現実が待っていました…

 

ガチで本当にあった怖い話カテゴリの最新記事