【実話】内蔵売って最新iPhone買った中国人少年の悲惨な末路…

最新のiPhoneは値段が高い…

高性能でディスプレイが綺麗だからって、簡単に手が出せる代物じゃございません。

ましてや最新ガジェットに敏感な若者にとって、最新のiPhoneは高嶺の花。

「新しいiPhone欲しいから内蔵売っちゃおうかな〜」なんて冗談を言ってる人もいるかもしれませんが、中国ではiPhone欲しさに本当に内蔵を売ってしまった少年が、悲惨な生活を送っています。

最新iPhoneのため内蔵売った17歳

これは今から数年前の話。

中国の安徽省に住む当時17歳のシャオ・ワンさんは、最新のイケてるガジェットiPhone4が欲しくて仕方ありませんでした。

Apple iPhone4 32GB ブラック MC605J/A

しかし、シャオさんの家庭は貧しく、両親におねだりしてもiPhoneは買ってもらえません。

何とかしてiPhone4を手に入れたかったシャオさんは、熟考の末に一つのアイデアを閃きます。

「腎臓って2個あるから1個売っても問題ないっしょ!!!!!」

通常、人間の体には左右2つの腎臓があり、血液をろ過して老廃物や塩分を尿から身体の外へ排出してくれます。

腎臓の働きが悪くなると、尿の排出も悪くなり、老廃物が体に蓄積されて「尿毒症」になってしまいます。

2つあるからって簡単に手放すべき臓器ではないのですが、物欲の悪魔に負けたシャオさんは、腎臓を買い取ってくれる業者を調査。

漫画をBOOK OFFへ下取りに出すように、腎臓を買い取ってくれる店なんて普通は存在しませんが、シャオさんは内蔵買い取り専門の地下病院を発見。

連絡すると「腎臓1個22,000元(約35万円)なら買うよ」と下取り価格を提示されて交渉成立。

iPhone欲しくて内蔵売った少年

Photo|worldofbuzz

手術のために、地元の安徽省から湖南省まで出向いてシャオさんは腎臓を1つ摘出し、手にした金で念願のiPhone4をゲット。

闇医者からは「1週間後には普通に生活できるよ」と告げられたそうですが、その後は悲惨な現実が待っていました…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-

© 2020 海外B級ニュース