辛すぎてガチで人が死ぬ!?最凶トウガラシ「ドラゴンの息」誕生秘話

シェアシェアー

記録は常に破られるもの。

なんと「辛さ」の歴史を塗り替える、とんでもないトウガラシが誕生したそうです。

スポンサーリンク

食べたら死ぬトウガラシ「ドラゴンの息」

イギリスのウェールズに住む53歳マイク・スミスさんの本業は料理人。

仕事の一環として、長年、マイクさんは自分で野菜の栽培と品種改良を行っていました。

そんなマイクさんは、大学との共同研究で新しいトウガラシの開発を行い、ついに驚きの辛さを秘めた新種が誕生したそうです。

そのトウガラシがこちら。

このトウガラシに付けられた名称は「ドラゴンの息」。

小さくて可愛らしいので、思わずパクっと食べてしまいそうですが、いけません。

なぜなら…

「食べたら死んでしまう」からです。

これは例えで言ってるのではなく、ガチで辛すぎて人が死んでしまう可能性があるんです。

テレビ番組の激辛料理でたびたび登場する「ブートジョロキア」は、辛さの単位スコヴィル値に換算すると100万スコビル。

そして現在、ギネス・ワールド・レコーズで「世界一辛い」と認定されている「キャロライナの死神」と呼ばれるトウガラシは160万スコヴィル。

こちらはキャロライナの死神を使用した世界一辛いスナック菓子の紹介記事。

[kanren postid=”84″]

こちらはキャロライナの死神を食べた人のリアクション

で、このドラゴンの息は、辛さの記録を大幅に更新する248万スコヴィル!!!!!

もし、ドラゴンの息を食べたとすると、あまりの辛さにアナフィラキシーショックを引き起こし、死に至る可能性があります。

そうでなくても、食べた人の喉は焼けただれてしまうほどの、シャレにならない破壊力を持っているので、もはや罰ゲームで採用できるレベルを超えてしまっているんです。

「これは私も食べたことがありません。
一度、舌の先に乗せたことがあるんですが、それだけで酷い火傷を負ってしまいました」

開発者のマイクさんでさえ食べたことのないドラゴンの息。

そんな食べられないものを作ってどうすんの?

と、だれもが思うことでしょう。

実は、ドラゴンの息は食用ではなく、医療用として開発されたそうなんです。

[ad#co-1]

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー