【奇跡】アンディ・ラウ主演映画の元ネタ誘拐事件が解決!24年ぶりに親子が再会

アンディ・ラウ主演映画の元ネタになった誘拐事件

アンディ・ラウ主演映画「失孤」モデルの誘拐事件が解決

2015年に中国で公開されたアンディ・ラウ主演の映画「失孤」は、実際に起きた誘拐事件をベースにした作品。

アンディ・ラウ演じる主人公の父親は、2歳の時に誘拐された息子を探し出すため、バイクに乗って広大な中国を駆けずり回る。

この映画「失孤」の元ネタになった誘拐事件が、ついに解決したのだ。

実際にバイクで途方も無い距離を移動していた被害者の父は、24年の時を経て息子と再開を果たした!!!

誘拐された息子をバイクで捜索する父

中国では、「一人っ子政策」が実施された1979年以降「金を払ってでも跡取りとなる男の子供が欲しい」という親が急増。そのため、人身売買目的の誘拐が多発。毎年2万人以上の幼い子供が誘拐被害にあっていたと言われている。

1997年、山東省に住むグオ・ガンタンさんの2歳の息子ジェンも、自宅の目の前で何者かに連れ去られてしまった。

アンディ・ラウ主演映画「失孤」モデルの誘拐事件が解決

「おそらくは人身売買目的の誘拐。それなら、息子は中国国内のどこかの家庭に売られたに違いない」

グオさんは、息子を探し出すためバイクに乗って旅に出た。荷台に息子の写真をプリントした大きな旗を掲げて、町から町を移動して、橋の下で野宿しながら手がかりを探した。

アンディ・ラウ主演映画「失孤」モデルの誘拐事件が解決

次のページへ >

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS