オリンピック黒歴史「双子アスリート替え玉事件」世界を騙した姉妹の実話

1984年にアメリカで開催されたロサンゼルスオリンピックで、まるで映画のようなスキャンダルが発覚した。

競技中に負傷してしまった女性アスリートが、試合に出場するため悪魔に魂を売ってしまった…

オリンピック黒歴史「双子アスリート替え玉事件」

オリンピックの双子アスリート替え玉事件

26歳のマデリン・デ・ジェススは、プエルトリコの女子走り幅跳びとリレーの代表選手として、ロサンゼルスオリンピックに参加していた。

しかし、マデリンは走り幅跳びの予選で21位となり、すぐに敗退してしまう。

さらに彼女にとって不運だったのは、走り幅跳びで跳躍した際に足を負傷してしまったこと。

マデリン本人には、足の負傷が1日休めば治るような軽いものでないことが分かっていた。しかし、6日後には4×400mリレーの予選に出場することが決定している。

どうしても怪我で出場を逃したくない…

そこでマデリンは、アスリートにあるまじき不正プランを思いつく。

「替え玉を使おう…」

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2022 海外B級ニュース