【恋の奇病】イケメンと目が合うと失神!?胸のドキドキが命取りな主婦

イングランド北西部のチェシャーに住む二児の母カースティ・ブラウンさん32歳は、自宅を出たら決して男と目を合わさない。

別に男が嫌いなわけじゃない。ブラウンさんは、自分の好みのタイプの男と目が合うと高確率で失神してしまう奇病を患っているため、命の危険に直結するからだ!!!

恋をすると失神する奇病

恋の奇病!?男と目が合うと失神しちゃう主婦

誰にだって、道ですれ違った好みのタイプの人物に、胸がドキドキした経験があるはず。

カースティ・ブラウンさんにとって、この胸のドキドキは非常に危ない。脱力発作、つまり自分の意志とは関係なく、急に身体に力が入らなくなり、膝ガクガク。最悪の場合、気を失ってバタンと倒れてしまうのだ。

恋をすると失神する奇病

「本当に恥ずかしいんです。以前にも買い物へ出かけた時に、いい感じの男性を見てしまったら足に力が入らなくなって…。隣りにいた従兄弟にしがみついて助けてもらいました。自分の安全を守るため、そのような状況は出来る限り避けています」

この発作を避けるため、ブラウンさんは外出する際に、常に地面だけを見て安全を確認しつつ、好みの男性が視界に入ってこないよう細心の注意を払っている。

原因は遺伝子の欠陥による奇病

恋をすると失神する奇病

この症状が初めて現れたのは、ブラウンさんが9歳の時。原因は、日常的に急な睡眠に襲われるナルコレプシーに似た、遺伝子の欠陥だと考えられている。

更に厄介なことに、ブラウンさんの失神の奇病「素敵な男性と目が合う」以外にも「大きな音」「恐怖」「怒り」「笑い」によっても、発動してしまう場合がある。

そのため、一日平均で5回、酷いときでは日に50回も発作を食らうこともあるとか…

こんな奇病に関する世界の仰天ニュースも!?

奇病が原因で20年間湖の中で生活する女性
【仰天実話】奇病が原因で20年間「湖の中で生活」する65歳インド人女性

世界には、私達の常識では理解できないようなライフスタイルを送っている人たちがいます。 3年間も木の上で生活していたフィリ ...

続きを見る

世にも奇妙な恐怖症
「世にも奇妙な恐怖症」まとめ…心の奇病で苦しむ人達の怖い話

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

続きを見る

魚臭症
体臭の奇病「魚臭症」の女性が臭いに悩まされ続けた苦悩を告白

世の中には、多くの人が聞いたことのない「奇病」や「精神疾患」と戦いながら生活している人たちがいる。 例えば、これまでに1 ...

続きを見る

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-世界の仰天ニュース
-,

© 2021 海外B級ニュース