【仰天実話】男→女→男→女…3回性転換した性同一性障害者の悩み

シェアシェアー

スポンサーリンク

ブラッドからリアに

現在23歳のリア・クーパーさんが、最初にイギリスで大きな注目を集めたのは15歳の時。

長い英国の歴史の中で「最年少の性転換患者」となり時の人となりました。

もともとリアさんはブ、ラッドという名の男の子として誕生。

Photo|YouTube

いわゆる性同一性障害で心と身体の不一致に悩みを抱えていたため、医師の診断によって15歳で女性ホルモン注射を受けることが認められ、性別を女性に変えリアとして生きていくことになったのでした。

「私の心は常に女性で、12歳の時に初めて化粧をしてヒールを履いた時も、何も違和感はありませんでした。

でも、少年が少女の格好をすることに世間からのプレッシャーは強く、幼いながらもウンザリした気分でいっぱいだったんです。もっと自然体の自分でいたかっただけなんですよ」

Photo|YouTube

性転換したい15歳の少年に対して、イギリス国内では批判が殺到。

しかし、医師たちは性に悩む少年ブラッドの信念を支持して、女性ホルモンの処方を許可したのでした。

女性ホルモンで性格に変化が…

Photo|YouTube

念願かなって女性としての人生をスタートさせたリアさんですが、彼女が思い描いていた幸せな毎日を手に入れることは出来ませんでした。

女性ホルモンの注射を打ち始めると、リアさんの精神は不安定になっていきます。

「女性ホルモンの影響で、私は気難しくて怒りっぽい性格になったんです。
ママは私をサポートしてくれたけど、実家を出て、お酒と薬で現実を誤魔化すようになったわ。今思えば、大きな間違いでした…」

Photo|YouTube

ドラッグに手を出し、付き合っていた彼氏から壮絶な暴力を受け、身体を売ってお金を稼ぎ、18歳の時には2回も自殺未遂…

さらに、戸籍上では女性になっても世間からは本当の女性として認めてもらないジレンマは、やがてリアさんの中で恐怖に変わっていきます。

「私の過去は男の人には重すぎるんです。好きになってくれても、本当の私を知ると離れてしまうんです。
徐々に、私は女性でいても幸せを掴むことが出来ないんだと考えるようになりました…」

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー