東京五輪で馬を殴って追放された監督のその後…動物虐待疑惑の捜査が終了

きっかけとなったのは、2021年8月6日に東京オリンピックで行われた近代五種女子の馬術競技。

ドイツ代表のアニカ・シュロイ選手が騎乗した馬セントボーイは、5つ目の障害物を目前に興奮状態となり、全く言うことを聞かなくなってしまった。

東京オリンピックで馬を殴って追放された監督のその後

予想外のハプニングにアニカ選手は号泣。結果として、馬術では失権となりメダルを逃すことに…

この様子が世界中に放送されると、「動物虐待だ!!!」と批判が殺到して大問題となった。

アニカ選手を指導するキム・レイズナー監督が、暴れるセントボーイを殴るシーンが映っていたからだ。

東京五輪で馬を殴ったドイツ人監督のその後…

問題行為は直ちに拡散。近代五種連盟UIPMは「映像を確認すると拳で馬を殴っているように見える。これは競技規則違反だ」として、キム・レイズナー監督を東京オリンピックから追放する、厳しい処分を下した。

東京オリンピックで馬を殴って追放された監督のその後

アニカ選手やキム監督に対しては、世界中から凄まじいバッシングが寄せられていたが、あれからもう約半年。

すでに東京五輪グーパン事件が話題になることもないけれど、キム監督の母国ドイツでは、オリンピックでの一件が「動物虐待にあたるのか?」捜査と検証が行われていた。

そしてつい先日、キム監督に対する処分が発表された…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2022 海外B級ニュース