不眠症対策にウールのパジャマ最強説!羊を数えるより効果的で睡眠導入時間短縮

不眠症対策にウールのパジャマ最強説!羊を数えるより効果的で睡眠導入時間短縮

長かった寝苦しいシーズンも終わって、ようやく惰眠を貪るのに最適な夜が続いています。

ですが、寝付きが悪かったり、慢性的な不眠症で布団に入るのが苦痛な人も少なくないでしょう。

睡眠薬を飲むのも手っ取り早いんですが、その前に「パジャマを変えてみる」ってのは、いかがでしょうか?

最新の睡眠に関する研究では、羊の数を数えるよりも、羊毛から出来た「ウールのパジャマを着る」ことが睡眠導入に効果的だと明らかになったそうです。

 

ウールのパジャマで爆睡

不眠症

「不眠症対策にウールのパジャマ最強説」を発表したのは、オーストラリアのシドニー大学ポール・スワン博士が率いる研究チーム。

スワン博士たちはウールのパジャマが持つポテンシャルを立証するため、20代の学生13人、65〜70歳の高齢者36人を集めて合宿を行い、睡眠に関するあれやこれやを検証。

その結果、20代の学生グループは、コットン素材のパジャマでベッドに入ると、眠りにつくまでにかかった平均時間が15分。

一方、ウール素材のパジャマだと平均11分で眠ることが出来たそうで、4分の記録短縮に成功。

さらに、65〜70歳の高齢者グループでは、ポリエステルやコットンのパジャマでは平均22分かかっていたんですが、ウールのパジャマでは12分後にぐっすり。

パジャマを変えるだけで10分も記録短縮に成功したわけです。

 

ウールのパジャマで良質な睡眠ゲット

「これは単なる偶然ではなく、羊毛は人間の体温調節に優れているため、眠りに落ちやすいのです。それだけでなく、睡眠時間も長く深くなり、睡眠の質が上がるのです」

スワン博士は研究結果を睡眠系の科学雑誌に発表。

睡眠が疎かになりがちな現代人にこそウールのパジャマが必要なようです。

「現代では、良質な睡眠を満喫することが難しくなってきています。しかし、肉体と精神を健康的に保つために睡眠は欠かせません」

ウール素材の利点についてもっと知りたい人は、イギリスのバンドBlurのアレックスがナビゲーターを務めたドキュメンタリー作品「スローイング・ダウン ファストファッション」がおすすめ。

ついでに不眠症映画「マシニスト」もおすすめ!!

どっちもアマゾンプライムで視聴できるよ!!

 

Source

最新雑学カテゴリの最新記事