【実話】ロボットの自殺が現実に!?手塚治虫「火の鳥」の予言が的中

人工知能の発達によって、これまで人間がやっていた仕事を、徐々にロボットが行うようになってきているのは、皆さんもご存知の通り。

ますます世の中が便利で快適になっていくように思えるのですが、アメリカから気になるニュースが舞い込みました。

なんと恐ろしいことにロボットが自殺したと言うのです!!!!

最先端ロボットが入水自殺!?

アメリカのワシントンDCにあるオフィスビルでは、数日前から警備用ロボットとしてナイトスコープ社の「K5」が導入されていました。

このK5は、周囲360度をカメラで捉え、空気の変化をセンサーで感じ取り、高性能のマイクで離れた場所の銃声や危険な音を検出するなど、とにかく多くの最先端技術を全部のせした、時代をリードする警備ロボット。

なのですが、ワシントンで警備を行っていたK5はスティーブと名付けられたのも束の間、僅か数日の勤務で、自ら入水して命を断ってしまったのです…

K5の開発を行ったナイトスコープ社は「事件の原因は調査中で、今週中にも無料で新しいロボトッを手配します」とのことですが、ハイテク技術を結集したK5が、何かの間違いで水に落ちてしまうなんてことがあるのでしょうか?

ここは、人間ごときの警備をすることにロボットのプライドが耐えられず、太宰治のように入水自殺したと見るのが自然ではないでしょうか…?

そして、このような事態を数十年も前に予言していた人物がいるのです。

それが、漫画の神様こと手塚治虫なのです!!!!!

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-怖い都市伝説

© 2020 海外B級ニュース