【本当にあった怖い話】彼女の妊娠出産は全部嘘…墓の中から赤ちゃんの人形

【本当にあった怖い話】彼女の妊娠出産は全部嘘…墓の中から赤ちゃんの人形

中央アメリカのホンジュラス共和国で「彼女の妊娠出産」を巡る、非常に気持ち悪い事件が起きた。

ローザ・カステラノス・ディアスは、彼氏のメルビン・メンドーサに「双子の赤ちゃんが出来たの…」と告白した。

Pregnancy

2人は結婚していたわけではないが、メルビンも自分が父親になるのを心待ちにしていた。

7月27日金曜日…

出産が近いと言うローザは一人バスに乗り、首都テグシガルパの病院へ向かった。

しかし、その日の夜、メルビンへ悲しい知らせが入った。

「双子の一人が死んでしまったの…」

メルビンやローザの家族は悲しみ、彼女の帰りを待った。

翌日のお昼ごろ、白い小さな棺桶とローザが帰宅。

「病院が赤ちゃんを棺に入れて閉じたから、もう顔を見ることは出来ないの…もう一人の赤ちゃんは、まだ病院にいるわ」

その日の午後、友人や家族が参列する中、小さな棺は墓場に運ばれ、埋葬されることになった。

メルビンは、自分の子供を失った悲しみで憔悴していたが、心の片隅に何かが引っかかっていた。

「何か…おかしくない?亡くなった子供の顔見れないなんて、ありえなくないか?」

メルビンと友人たちは、ローザの言動に疑問を抱き始めた。

そして真実を知るため、深夜に埋葬した棺を掘り起こし中を確認することにした。

 

その時に撮影されたのがコチラ…

棺の中に入っていたのは赤ちゃんの人形…

海外の本当にあった怖い話
Photo|lailasnews.com

彼氏や家族や友人たちを悲しませ、そもそも存在しない子供の葬式を行ったローザの目的は何だったのか?

悲劇のヒロインになって周りの注目を集めたかったのか?

彼氏のメルビンを自分に繋ぎ止めるためか?

ローザが首都テグシガルパの病院に預けたと言う、もう一人の子供も存在せず、彼女の妊娠自体が嘘だったのだ。

これだけ酷い嘘をつかれたメルビンだが、ローザの刑事告訴は考えていないと言う。

 

Source

こんな怖い話も…

本当にあった怖いニュースカテゴリの最新記事