意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

Netflixおすすめ作品

Netflixアニメ「ラブ、デス&ロボット」最高に美しく暴力的な人類の近未来

更新日:

Netflixで配信がスタートした「ラブ、デス&ロボット」は、18本の短編アニメからなるオムニバスシリーズ。

Netflixアニメラブデス&ロボット

短いもので6分、長くて17分の独立した短尺のエピソードは、ホラーやコメディ、3Dや2Dなどテイストはバラバラ。

だが、タイトルにもある通り「ロボット」「愛」「死」の要素がどの作品にも共通している。

シリースの監督を努めたのは映画「デッドプール」を手がけたティム・ミラーで、プロデューサーの中には「ゴーン・ガール」「セブン」の監督デヴィッド・フィンチャーも名を連ねているので、映画ファンは否が応でも期待が高まるはず。

Netflixアニメラブデス&ロボット

Photo|YouTube

「大人向け」と年齢制限されているので、アニメと言えども子供に見せられないような残酷、過激な描写も含まれている。

第1話「ソニーの切り札」あらすじ

Netflixアニメラブデス&ロボット

Photo|YouTube

凶暴な動物同士を戦わせる地下闘技場で、体中に傷を持つ女ソニーは目下17連勝中。

そんな彼女に、大金と引き換えに勝負に負けるよう八百長が持ちかけられる。

が、男たちへの復讐のために戦うソニーは申し出を拒否。

猛獣同士の殺し合いで勝利を掴むために損ビーが隠し持つ切り札とは…?

「ラブ、デス&ロボット」見所

Netflixアニメラブデス&ロボット

Photo|YouTube

「ラブ、デス&ロボット」は、劇場映画でもテレビ放送でも成立しない、ストリーミング配信のNetflixだからこそ世にで出すことが出来た実験的で攻めた作品であることは間違いない。

細部まで作り込まれた美麗なアニメーションによる暴力、ギャグ、ラブシーンは必見。

短編アニメなので、見る人によっては「説明不足」に感じるかもしれないが、足りない部分を想像力で補完するのも「ラブ、デス&ロボット」の楽しみ方の一つだろう。

ティム・ミラーとデヴィッド・フィンチャーが描く人類とロボットの未来は、アニメ「攻殻機動隊」や、同じくNetflixで配信されているSFドラマ「ブラック・ミラー」などにハマった人なら、どっぷりと楽しむことが出来るはず。

関連記事:おすすめのNetflix作品一覧

関連記事:近未来写真家「ロボット女子の日常シリーズ」はリアル攻殻機動隊

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

-Netflixおすすめ作品
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.