Netflix「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」カナダ裏社会の実話ドラマ

2018年12月7日からNetflixで海外ドラマ「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」の配信がスタートした。

Netflix「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」

これはカナダの裏社会で暗躍するマフィアを描いたドラマで、原作は2015年に出版されたノンフィクション小説「Business or Blood: Mafia Boss Vito Rizzuto's Last War」。

実在するマフィアのボス、ヴィト・リズートが築き上げた巨大犯罪帝国リズートファミリーを中心に、金と権力に群がる男達の姿を描いている。

「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」あらすじ

カナダの裏社会で成り上がったヴィト・リズートは、巧みな人心掌握術と政治力で、アウトローだけでなく役人や警察官も抱き込み、巨大な犯罪帝国リズートファミリーを構築。

ドラッグの密輸密売、公共施設の建設などを取り仕切り莫大な利益を上げていた。

しかし2006年、過去に関わった殺人事件がきっかけでヴィト・リズートは逮捕され、アメリカの刑務所に収監されてしまう。

組織をまとめ上げていたカリスマを失ったことで、リズートファミリーは徐々に崩壊していく…

「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」見所

この「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」は、元々1シーズン全6エピソードで完結する予定で、2017年にカナダのNetflixで配信がスタート。

すると、地元メディアから「カナダ版ソプラノズ」と絶賛され約320万人が視聴するヒット作となり、急遽シーズン2の制作も決定した。

先日、満を持してシーズン1が世界公開されると、視聴者からは俳優陣の渋い演技と重厚なストーリーが評判となっている。

ボスのヴィト・リズートを演じるのは、オーストラリア出身でイタリア系の血を引く俳優アンソニー・ラパーリア。

その右腕で物語の重要なカギを握るデクラン・ガーディナーは、ドラマオリジナルの架空の人物で、カナダ出身の俳優キム・コーツが演じている。

マフィア映画などではお馴染みの、敵対組織とのバイオレンスな縄張り争いや、内部での意見の対立や足の引っ張り合いはもちろん、犯罪組織運営の裏側も垣間見ることが出来る。

映画「グッドフェローズ」や「カジノ」などのマフィア系ドラマが好きな人には、おすすめ出来る作品だ。

こんな気になる話題も!?

関連記事:おすすめのNetflix作品

関連記事:伝説の麻薬王の兄弟がコスパ最強「折りたたみスマホ」販売開始!!

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-Netflixおすすめ作品
-,

© 2020 海外B級ニュース