韓国発!遺伝子組換え筋肉ムキムキの新種ブタが世界の食料危機を救う

シェアシェアー

近い将来、世界的な人口の増加による食料危機が深刻になったら…

今では当たり前に食べている食材も、簡単には手に入らなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

食糧危機を遺伝子組換えブタが救う?

Bacon

sipa / Pixabay

例えばベーコン。

朝食にカリカリベーコンを食べなきゃ一日が始まらない人や、厚切りベーコンにかぶり付いた瞬間だけが生きていることを実感できる人たちにとって、「世界的なベーコン不足」がやってきたとしたら…

まさに暗黒時代…

そんなベーコンジャンキーにとって最悪の未来を回避するため、韓国の学者が研究の末に誕生させたのがコチラ…

遺伝子組換えムキムキブタ

Photo|TheSun

遺伝子を組み替えて筋肉がボッコボコに発達した新種のブタでございます。

映画「ベイブ」で描かれた子豚の愛らしさなどは微塵も感じさせない、ボディビルダーの如き引き締まった肉体。

韓国の研究チームが誕生させた、こちらの新種のブタは、私達が目にしてきた一般的なブタよりも筋肉量が2倍増し。

つまり、1頭のブタから今まで以上の食肉を確保することが出来るそうです。

遺伝子を組み替えたブタは安全?

遺伝子組換えムキムキブタ

Photo|TheSun

筋肉が異常に発達した新種のブタ…

実際に撮影した動画がコチラ

研究チームの中心にいるのはソウル国立大学の生物学者ジンスー・キム教授。

「交配を繰り返せば、いずれ、この種のブタは誕生したでしょう。ですが、誕生までには何十年もかかったはずです」

過去には、遺伝子の突然変異で筋肉隆々な巨大牛「ベルギアン・ブルー」が誕生した例もありますが、キム教授のチームは「ミオスタチン」と呼ばれる筋肉を肥大化させる遺伝子を操作することで、通常のブタよりも2倍筋肉が成長する新種を誕生させたわけです。

これまでのところ、30匹以上の子豚も誕生し、今後は、この新種のブタを世界中の畜産家へ輸出する計画もあるんだとか。

しかし、このムキムキブタの誕生に激怒している人達も…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー