炎のドラゴンボール絵師がハイテンションで描く超美麗ベジータに感動

日本のアニメ・マンガ作品の中でも、世界中でトップクラスの知名度を誇る作品「ドラゴンボール」

コミックスは40カ国以上で発売され、アニメも80カ国以上で放送。

歌手のクリス・ブラウンはドラゴンボールが好きすぎて、愛車のランボルギーニを悟空仕様の痛車にしちゃったり…

足に悟空のTATTOOも…

スポンサーリンク

炎のドラゴンボール絵師

メキシコのカンクンに住むポルフィリオ・ヒメネスさんも「ドラゴンボール」に夢中になった一人。

本職がスプレーを多用して作品を描き上げるアーティストなんですけど、彼の描くドラゴンボールのキャラクターは、日本のファンが見ても「これ売ってくれないかな?」と心が動いてしまうほど美しい仕上がり。

メキシコの凄腕ドラゴンボール絵師

Photo|YouTube

ポルフィリオさんは、あらかじめ切り抜いていておいた型紙にスプレーを吹きかけて絵を描く「ステンシルアート」の技法で作品制作を行います。

ただ…

その作業中は奇声をあげたりダンスを踊ったり、ハイテンションでガンガンスプレーを吹きかけ、さらには作品に火炎放射まで!!

作業工程を見ていると「この人は大丈夫なのか…?」と不安になってきますが、出来上がった超サイヤ人ブルーのベジータは超美麗。

ポルフィリオさんのYouTubeチャンネルでは、他にも悟空や…

破壊神ビルスや…

ゴテンクスも…

簡単なように見えなくもないけど、素人が手を出すと悲惨な結果に終わるんでしょうな…

source