世界の仰天ニュース

【LGBT】W杯カタール大会と同性愛サッカーファンの安全問題!懲役7年の可能性も!?

FIFAワールドカップ・カタール大会2022が11月21により開幕します。

開催地カタールには世界中からサッカーファンが観戦に訪れますが、一部で懸念されているのが同性愛サッカーファンの身の安全問題。

W杯カタール大会と同性愛サッカーファン身の安全問題

中東のイスラム諸国では、同性愛が厳しく取り締まられているのですがカタールでも同性愛は違法行為。

同性愛の容疑で逮捕されれば、最大で7年の懲役刑が課されてしまうのです…

W杯カタール大会と同性愛サッカーファン身の安全問題

元カタール代表のサッカー選手で今回のワールドカップ大会大使を務めているハリド・サルマンは、ドイツのテレビ局の取材の中で、次のように発言しました。

「ワールドカップ開催期間には多くの人がカタールを訪れるでしょう。最も重要なのは多くの人を受け入れることです。しかしカタールの子供たちが同性愛者を目にするのは問題だです。同性愛の人達にも私達のルールを受け入れてもらう必要があります」

W杯カタール大会と同性愛サッカーファン身の安全問題

この発言を受けて「同性愛のサッカーファンがカタールに入国しても大丈夫なのか?」懸念が拡大。

イギリスのウェールズサッカー協会は、W杯カタール大会の主催者サイドに同性愛サッカーファンの安全を約束するよう求めたそうですが、思うような返答は得られず。

そのため、ウェールズサッカー協会はカタールへのワールドカップ観戦を予定している同性愛のサッカーファンに向けて「安全は保証できない」と異例の警告を発表しています。

海外のサッカーファンが男性同士、女性同士、公の場で手を繋ぐ、抱き合う、キスをするなどの行為で逮捕され懲役刑を課されるようなことになれば、国際問題にも発展しかねません。

そんな最悪の事態を避けるため、同性愛のサッカーファンの安全が保証されるセーフハウスの設置も検討されているようですが、もう開催は目前。

FIFAのスポークスマンは「開催国としてカタールは人権、平等、非差別に関する要件を遵守する責任があることを十分に認識しています」とコメントしていますが…

こんなLGBTや同性愛に関する仰天ニュースも!?

性転換費用を稼ぐためトランスジェンダーギャング団が誘拐事件で身代金要求
【LGBT】性転換費用を稼ぐためトランスジェンダーギャング団が誘拐事件の身代金で荒稼ぎ

フィリピンの首都マニラで、2022年9月3日に58歳の台湾人男性が誘拐される事件が発生した。 事件発生から4日後、警察は ...

続きを見る

同性愛を助長するから虹色の商品禁止
サウジ「同性愛を促進するから虹色のオモチャや子供服禁止!没収」

「同性愛者が増えるから虹色のオモチャや子供服は禁止!!!」 このような、セクシャルマイノリティに対して配慮ゼロな政策を打 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2022 海外B級ニュース