人種差別の原因とは?秘密結社KKKと30年対話を続けた黒人音楽家の偉業

人種差別の原因とは?秘密結社KKKと30年対話を続けた黒人音楽家の偉業

60歳のダリル・デイビスさんは、全米各地でコンサートを行うプロのミュージシャン。

ただ、音楽以外にもダリルさんが長年情熱を注いでいる活動がある。

それは「白人至上主義」を思想に掲げる人種差別集団KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバーと接触し、話し合いを重ね、人種の壁を打ち破り友人となることだ。

kkk

1860年代に誕生したと言われる秘密結社KKKは、主に保守思想の強い白人で構成され、黒人、アジア人、ヒスパニックなど、他人種に対して非常に排他的な集団。

過去には罪のない他人種への暴行、殺人、誹謗中傷などの事件を何度も起こしているので、多くの黒人はKKKを忌み嫌っている。

しかし、ダリルさんは30年にも渡って黒人を嫌うKKKのメンバーと直接対話して、お互いの心を通わせてきた。

黒人音楽家とクー・クラックス・クラン
Photo|daryldavis.com

なぜ、自分たちを目の敵にする人たちに、わざわざ会いに行くのか?暴行を受けたりする危険が無いわけでもない。

ダリルさんの目的は「人種差別の背後に何があるのか理解するため」だったと言う。

黒人少年が受けた初めての差別

最初にダリルさんが人種差別問題に興味を持ったのは、彼が10歳の少年だった頃。

ボーイスカウトのイベントへ参加した時、白人少年のグループが、ダリルさん達黒人のグループへ空き瓶や石を投げ始めた。

生まれて初めて激しい差別行為に巻き込まれ、ダリルさんは両親に理由を尋ねた。

「それは肌の色が違うからだよ」

この時、ダリルさんの頭にハテナマークが浮かんだ。

「一度も喋ったことのない、目を合わせたこともない、自分のことなんて何も知らない人が、肌の色が違うだけで攻撃してくるんです。私は理解できませんでした。どうして、そこまで他人を憎むことが出来るのか?」

 

この事がきっかけとなり、ダリルさんは人種差別に関する様々な本を読み始めたが、本を読むだけでは原因や解決法への明確な答えは出なかった。

そこで、大人になったダリルさんは、直接KKKのメンバーを尋ねて話してみることにした。

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事