本当にあった怖いニュース

偽筋肉王ブラジルのハルク55歳誕生日に死亡!シンソール注射の後遺症で心臓発作

「ブラジルのハルク」ことバルディル・セガートが55歳の誕生日に、心臓発作で亡くなってしまった。

セガートが世間から注目されるようになったのは、アメコミヒーロー「ハルク」のような、現実離れした筋肉。

シンソール注射で肉体改造のブラジルのハルク死亡

ただ、セガートの筋肉は、筋トレによって手に入れたものではない。美容整形などに用いられる合成油「シンソール」を、胸や腕、背中に大量に注入して膨張させただけ。

このフェイク筋肉で注目され、人気ものになったセガートだけれど、危険なシンソール注射が、彼の寿命を縮めてしまった…

@valdirsegatooficial♬ som original - userValdir Synthol Oficial

ブラジルのハルクはシンソール注射で肉体改造

若い頃のセガートは、スリムな体型の青年だった。さらに麻薬中毒になって体重が激減して、周囲からは「ガリガリの犬」と呼ばれていたとか。

シンソール注射で肉体改造のブラジルのハルク死亡

しかし、アーノルド・シュワルツェネッガーやアメコミのハルクなど、筋肉ムキムキのタフな肉体に憧れていたセガートは、自分の生活を見つめ直して、麻薬を絶ち、ジムに通って筋トレに励んだ。

ただ、思うように筋肉が体についていかない…

シンソール注射で肉体改造のブラジルのハルク死亡

そんな時、セガートはジムの知り合いから、シンソール注射の存在を教えられた。

@valdirsegatooficial♬ som original - userValdir Synthol Oficial

もともと何かに依存しやすい性格のセガートは、シンソール注射による肉体改造にのめり込んでいった…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2022 海外B級ニュース