意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖いニュース

世界で200例の奇病「胎児内胎児」…手塚治虫も描いた「体内で成長する胎児」摘出

更新日:

世界で、わずか200例しか報告されていない奇病「胎児内胎児」とは、本来、双子として生まれてくるはずだった胎児の1人が、もう片方の体内に取り込まれた状態で生まれてくる極めて稀な症状。

手塚治虫の名作マンガ「ブラックジャック」の登場人物ピノコも、胎児内胎児の症状(原作では畸形嚢腫として紹介されていた)で姉の身体に寄生していたところを、ブラックジャックに救われた。

ただ現実は、そこまでドラマティックには展開しない。

 

7ヶ月の娘の体内で成長する塊

手塚治虫も描いた胎児内胎児

Photo|dailymail

インドで誕生したプリンサ・ラサヴァちゃんの異変に両親が気付いたのは、生後5ヶ月のころだった。

娘のお腹の辺りに「何かの塊」があるのを発見。

両親は、しばらく様子を見ていたが、娘の体内の塊は目に見えて大きく成長していることがわかり、急いで病院で検査を受けることに。

すると、プリンサちゃんのレントゲンには思わぬものが写っていた。

手塚治虫も描いた胎児内胎児

Photo|dailymail

それは、本来ならプリンサちゃんと同時に生まれてくるはずが、途中でプリンサちゃんの体内に取り込まれてしまった胎児の姿…

その胎児は、プリンサちゃんの体内で成長し続けていたため、一刻も早く摘出する必要があり、グラジャラート州の市民病院で2月19日に手術が行われた。

3名の麻酔医を含む6名体制で、プリンサちゃんの腸と腎臓の周辺に取り込まれていた胎児が摘出された。

小児外科部長のラケシュ・ジョシ医師は「未発達の胎児は正常の脊椎、脳組織、頭部を持っていました。術後の経過は順調で、正常に成長できるだろう」とのことで手術は成功。

プリンサちゃんの母親は、妊娠期間中に超音波検査を受けていなかったそうで、まさか自分が双子を妊娠していたとは思わなかったとか。

こんな奇病に関するニュースも…

奇病関連記事:体臭の奇病「魚臭症」の女性が切実な悩みを告白

奇病関連記事:謎の病気が原因で20年間湖の中で生活する女性

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-本当にあった怖いニュース

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.