意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

世界仰天ニュース

世にも奇妙なくせ毛少女の物語「クシでとかせない毛髪症候群」の日常

更新日:

クシでとかせない毛髪症候群

こちらの少女はオーストラリアのメルボルンに住む7歳のシーラ・インちゃん。

彼女を見れば、誰だってボリューミーなヘアスタイルに目がいってしまいます。

ただ、彼女はオシャレのためにワザと髪の毛をフワッフワにしてるわけじゃないんです。

シーラちゃんは、これまでに世界で約100件しか報告されていない超レアな毛髪の奇病「櫛でとかせない毛髪症候群(Uncombable Hair Syndrome)」の一人。

大抵の人の髪の毛は、まとまって同じ方向に伸びていきますが、櫛でとかせない毛髪症候群では、多方向に向かって髪の毛がデタラメに伸びていくため、文字通りクシで髪の毛をとかすのも非常に困難です。

シーラちゃんが生まれたての頃は、髪質に問題があるようにはだ見えなかったそうですが、生後3ヶ月ころから両親は「あれ???」と首を傾げ、次第に重力へ逆らうように、娘の髪の毛は自由気ままに伸びていったとか。

周りの大人や子供が自分の髪型を珍しがるため、シーラちゃん自身も4歳の頃から髪質を気にし始め、幼いながら悩んでいたそうです。

しかし、両親が「あなたは特別なのよ!!!」と背中をおすと、シーラちゃんはフワッフワの髪質を個性として受け入れ、今では自分のオンリーワンなヘアスタイルが大のお気に入りなんだとか。

ですが、この櫛でとかせない毛髪症候群と付き合っていくのは、とても大変。

母親のセレステさんは、毎朝シーラちゃんの頭にスプレーを掛けてから、寝ている間にガッチガチに絡まった髪の毛を、ゆくっりと丁寧に10〜20分ほどかけてブラッシング、お父さんがドライヤーでフワフワにスタイリングするのが日課なんだとか。

自覚のない人も多い!?

アメリカの国立衛生研究所によれば、櫛でとかせない毛髪症候群は子供の頃に症状が現れ、特にシルバーやブロンドの髪色をした子に多いそうで、毛並みの形成に関わる遺伝子の変異が原因だと考えられています。

現在のところ、櫛でとかせない毛髪症候群の有効な治療法はないのですが、成長するに連れてくせ毛が治まっていくケースもあるとか。

シーラちゃんの両親も、昨年まで櫛でとかせない毛髪症候群の事は知らなかったそうなので、世界中には自覚がないまま生活している人も多いと考えられています。

シーラちゃんの両親は、櫛でとかせない毛髪症候群を広く知ってもらえるように、インスタグラムのアカウントを開設。

くせ毛を楽しむシーラちゃんの日常の写真を投稿し、くせ毛に関する質問コメントなどにも気さくに回答しているそうです。

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-世界仰天ニュース

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.