【海外の怖い話短編集】第43話「神との接触実験」

【海外の怖い話短編集】第43話「神との接触実験」

うんざりするほど恐ろしい「海外で話題になった怖い話シリーズ」

今回は、とあるカルト宗教団体に関する怖い話…

怖い話 其ノ四十三「神との接触実験」

神との接触実験

1970年代初頭…

アメリカで、あるキリスト教系カルト団体に所属する科学者、宗教学者達が、教団施設内で秘密裏に実験を行った。

それは「あらゆる感覚を絶たれた人間は、神の存在を感じることが出来る」という仮説に基づき、外科手術によって人間の五感を意図的に遮断して経過を観察するという、常軌を逸した非人道的実験だった。

教団に所属する狂信的な科学者、宗教学者は「人間の五感は神に近づくことを妨げている」と本気で考えていたからだ。

「私の人生には、もう何も残されていません。ですから、教団のお役に立てるなら、この体を好きに使ってください」

実験のボランティアに信者の老人が名乗りを上げた。

「あなたは自分の声すらも聞こえなくなりますが、声をだすことは出来ます。ですから、頭に浮かんだことや思ったこと、感じたことは、全て言葉に出してください。私たちと神が、あなたの直ぐ側で、いつも見守っています」

老人は脳外科手術を受け、肉体的には健康だったが、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚の全てを失った。

術後の老人は、五感を失ったことに対する恐怖は見せず、起きている時は、これまでの人生を振り返る思い出話を語り続け、教団関係者が交代で観察を行った。

しかし、手術から4日後に老人へ異変が起きた。

「誰かが私の頭の中に喋りかけてくるんです…何を言っているのかは、わかりません…」

老人は神の声を聞いているのか?

それとも頭がおかしくなってしまったのか?

2日後、それまで毅然としていた老人は何かに怯えはじめ、唸り声、叫び声をあげはじめた…

そして、知るはずもない教団関係者の家族や親族、友人の名前を呼び始めた。

実験を見守っていた人たちは、これに怯えた。

老人が挙げた名前の人たちは全て故人だったからだ。

 

意思の疎通は不可能なので、老人に何が起きているのか詳細はわからない。

しかし、偶然では説明の出来ない事態に「実験を中断して老人を安楽死させるべき」と「研究続行」で意見が対立した。

故人の名前を呼び、叫び、唸り、気絶したように眠る…

老人は頻繁に暴れ、痙攣するようになり、症状は目に見えて悪化していった。

そしてついに…

「もう嫌だ!!地獄なんて行きたくない!!!」

老人を見守っていた関係者達は硬直した…

さらに老人は叫び続ける…

 

怖い話まとめカテゴリの最新記事