本当にあった怖いニュース

【実話】死刑中止に喜び過ぎた囚人が直後に死亡!?嬉しい悲しいブロークンハート症候群

これは、本当にあった何とも言えない話…

今から18年前、中東イランに住む、アクバーという名の当時37歳の男は、友人と大喧嘩した。

喧嘩は一旦おさまったものの、どうしても相手を許せなかったアクバーは、後日、ケンカ相手の家に忍び込んで、一方的に殺してしまった。

逮捕されたアクバーには、裁判の結果、死刑判決が下された。

死刑囚として刑務所に収監されたアクバーは、死刑執行に怯える毎日が、十年以上も続いた…

死刑中止に喜び過ぎた囚人が直後に死亡

死刑中止に喜びすぎた囚人は…

刑務所の中で歳を重ね55歳となったアクバーに、死ぬほど恐れていた死刑を回避する機会が巡ってきた。

殺された被害者の家族が「彼は、もう十分に罰を受けたから、死刑は許してあげて欲しい」と、司法当局に恩情を求めたのだ。

イランでは被害者の許しが出れば死刑が中止されることも珍しくはない。これでアクバーの死刑は中止され、刑務所からも釈放される可能性が大いに高まった。

その事実をアクバー本人に伝えたところ、予想外の事態が起きた。

アクバーは幸せそうに笑った直後に、突然、体の不調を訴えて意識を失ってしまったのだ。

すぐに医者が駆けつけたけれど、すでにアクバーは亡くなっていた。死因は心臓発作だったそうだ…

何とも言えない話だけれど、多くの人が気になっているはずだ。

「人は嬉し過ぎると死ぬことがあるのか…?」

喜び悲しみ過ぎでブロークンハート症候群

スイスのチューリッヒ大学病院のエレナ・ガドリ医師によれば「人は喜び過ぎて死ぬ可能性は十分ある」そうだ。

自分の想像の範疇を超えた嬉しい知らせや出来事、逆に、あまりにも悲しい出来事、家族との死別や離婚の知らせによって、急激にアドレナリンやホルモンが大量に放出され、心筋梗塞や心不全、不整脈などを引き起こして死亡した例は以外に多い。

このような症状は「ブロークンハート症候群」日本では「たこつぼ心筋症」と呼ばれている。

みなさんも喜び過ぎには注意が必要だ。

こんな死刑囚に関する仰天ニュースも…

マクドナルドで起きた殺人事件
【実話】殺人現場はマクドナルド…本当にあった5つの怖い事件まとめ

世界中で親しまれているマクドナルドは、店舗総数が35,000店以上。 ただ、過去には世界各地のマクドナルドで悲惨な事件も ...

続きを見る

ホラー映画「スクリーム」元ネタの連続殺人事件
ホラー映画「スクリーム」元ネタの殺人鬼と連続切り裂き魔事件とは?

1996年公開の映画「スクリーム」は、田舎町を舞台に、10代の若者たちがマスクをかぶった正体不明の殺人鬼に次々襲われてい ...

続きを見る

人類史上最悪の連続殺人鬼逮捕
人類史上最悪の連続殺人鬼を逮捕…豪邸から300人以上の遺骨発見!!

タイの首都バンコクに暮らす40歳のアピチャイ・オンウィシットは、親から相続した莫大な遺産で悠々自適な生活をおくっていた。 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2022 海外B級ニュース