10年続くB級裁判「エスカレーターの手すり拒否で罰金訴訟」は逆転出来るか?

何か同じことを10年間続けるのは大変なことです。

「強い意志」「折れない心」を持っている強い人でないと、10年継続は苦行でしかありません。

10年続くB級裁判に逆転はあるのか

Photo|YouTube

カナダのケベック州に住むベラ・コソイアンさんは、かれこれ10年前から権力に牙を向きて戦い続けている女性。

その原因は「エスカレーターの手すり」にあったのです…

エスカレーターの手すり拒否で罰金裁判

全ての始まりは2009年まで遡ります。

カナダのケベック州ラヴァルにある地下鉄の駅で、ベラさんがエスカレーターに乗っていたところ、警察官から注意を受けます。

10年続くB級裁判に逆転はあるのか

Photo|YouTube

「危ないから手すりを握ってください。注意書きのイラスト見てください」

確かに、利用者で混雑している時のエスカレーターは危ないし、それくらいの注意を受けることも珍しくはなさそうですが、ベラさんは警察官の注意にカチンときて、手すりを持つことを拒否。

さらに、注意した警察官に喧嘩腰で詰め寄ったのです。

権力に牙を剥くベラさんの行為に対して、警察もカンカン。

警察「注意書きのイラストに描いてあるだろ!!!」

ベラ「断る!!!」

警官「身分証を見せろ!!!」

ベラ「断る!!!」

そんなやり取りがあって、ベラさんは手錠で拘束された挙げ句、エスカレーターの手すりを拒否したことに対して罰金100ドル、そして身分証の提示を拒否したことに対して罰金320ドルが課されてしまったのです…

警察の対応に納得のいかないベラさんは「罪の無効」を勝ち取るため、2012年にケベック州を相手取って裁判へ打って出たのです!!!!

次のページへ >

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS