意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

閲覧注意ニュース

イギリスNo.1タトゥー男に最悪の事態!!身体改造し過ぎた結果…

更新日:

イギリスの工業都市バーミンガムに生まれたマシュー・ウェランが、初めてタトゥーをいれたのは16歳の時。

イギリス1のタトゥー男

Photo|dailymail.co.uk

そこから彼の身体には色とりどりのタトゥーが増え続け、37歳となった現在では、全身の90%がタトゥーに覆われ「イギリスで最もタトゥーをいれた男」として君臨。

2008年には改名して「インクの国の王」を名乗っている。

国王は「36人が同時に彼の身体にタトゥーをいれる」世界記録も樹立。

イギリス1のタトゥー男

Photo|dailymail.co.uk

これまでに総額4万ポンド、約580万円ほどの費用を身体改造につぎ込んできたそうだ。

ところが現在、国王の身体に危機的状況が迫っていた!!!

腕に埋めたメリケンサック…

イギリス1のタトゥー男

Photo|dailymail.co.uk

全身のタトゥーだけでなく、国王は眼球を黒く染めたり、タトゥーをいれるのに邪魔だったため乳首を切り取ったり、スプリットタンにしたり、身体改造にも熱心に取り組んできた。

ところが、数年前に腕に「メリケンサック」をインプラントすると、予期せぬ自体が起きてしまった。

「オレが日々、戦っていることの象徴として、2015年にメリケンサックを腕に埋め込んだけど、今になって身体に拒否反応が出ちまったんだよ。
手術で摘出しないと、オレは腕を切断することになるかもしれないらしい…」

タトゥーやインプラントは感染症などのリスクも高く、粗悪なインクや衛生的でない器具を使うと、命に関わる危険性もある。

現在、国王は入院して腕の治療を行っている。

身体改造マニアにも平等な雇用!?

イギリス1のタトゥー男

Photo|YouTube

「8年前に俺は差別主義者から刺されて入院してたんだ。
そして、今は腕の治療でまた入院してるんだよ…おかしいだろ?」

国王のように目立つ存在だと、あからさまな差別を受けることも多いそうで、過去には暴行事件に何度も巻き込まれるなど、身体改造も楽じゃないそうだ。

さらに、国王はビジュアル的な問題から職を得るのが難しいそうで、現在は無職の身。

なので、身体改造マニアも平等に雇用するよう、世間に訴えている。

一日も早い国王の回復をお祈りします…

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

-閲覧注意ニュース
-, ,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.