未解決の凶悪事件…切断された女性の頭部は眼球にスーパーボールが

これは2014年12月12日に発生した未解決殺人事件…

アメリカのペンシルベニア州に広がる農村地帯でのこと。

学校帰りの少年がスクールバスを降りて、自宅へ向かう林道を歩いていると何かにつまずいた。

それは、無造作に転がる年老いた女性の頭部だった…

怖い未解決事件謎の頭部

未解決事件「遺体の眼球に赤いスーパーボール」

怖い未解決事件謎の頭部
Photo|beavercountian.com

推定で60歳前後の女性の頭部は、死後数週間ほど経過していたものの、まだ肌も滑らかでグレーの髪の毛も整えられていた。

頭部は、女性の死後に切り取られたことが明らかになったので、おそらく何者かが丁寧にケアした後に、雑に捨てられたとみられる。

そして最も不気味なのは、女性の頭部からは両目の眼球が取り除かれ、代わりに子供が遊ぶオモチャの赤いスーパーボールが詰め込まれていたこと…

怖い未解決事件謎の頭部
Photo|beavercountian.com

埋葬するまでに遺体の腐食を防ぐために、両目を摘出する処置が行われることもあるが、遺体の処理を専門にしている人ならば、スーパーボールを詰めるような事はしない。

事件は大きな関心を集め、FBIや法医学の専門家などが捜査に全面協力したのだが…