【怖い未解決事件】17歳女子高生失踪の恐ろしい理由をFBI捜査官が公表

【怖い未解決事件】17歳女子高生失踪の恐ろしい理由をFBI捜査官が公表

2009年の4月…

ニューヨーク州に住む17歳の女子高生ブリタニー・ドレクセルが失踪した。

女子高生失踪事件の恐ろしい事実
Photo|YouTube

家族はブリタニーの失踪に全く心当たりがなく、理由もわからないまま時間だけが過ぎていった。

しかし失踪から7年後の2016年。

FBIの捜査官が、ブリタニー失踪に関する恐ろしい事実を明らかにした…

 

娘と母の最後の会話

ブリタニー・ドレクセルは1991年10月7日、ニューヨーク州北部の町ロチェスターで生まれた。

この時、母親のドーン・ドレクセルは10代で未婚のままブリタニーを出産し、懸命にブリタニーを育てた。

やがてブリタニーは、明るく活発な少女に成長。

プレイヤーとしてサッカーに熱中し、彼女の周りには、いつも多くの友達が集まった。

女子高生失踪事件の恐ろしい事実
Photo|YouTube

17歳の多感な時期を迎えた2009年の春休みに、ブリタニーは友人たちと旅行の計画を立てていた。

春休みを人気のレジャースポット、サウスカロライナ州のマートルビーチで過ごすことに決めた。

しかし、子供たちだけで遠出するのは許可できないと、母親のドーンは反対。

諦めきれないブリタニーは「学校の友達の家に泊まりに行く」と嘘をつき、母親から外泊の許可をとりつけ、当初の予定通り、女友達3人とマートルビーチへ向かった。

 

少女たちの春休み旅行は何事もなく過ぎていき、最終日の夜、ブリタニーは「明日帰る、愛してるわママ」と母親に連絡を入れた。

しかし、母が娘の声を聞いたのは、この時の電話が最後になってしまった…

翌日、2009年4月25日、ブリタニーが付き合っていた19歳のボーイフレンドのジョン・グリーコからドーンに電話がかかってきた。

ジョンはうろたえた様子で「マートルビーチでブリタニーの行方がわからなくなったみたいなんです」と伝えた…

本当にあった怖い未解決事件カテゴリの最新記事