【UMA動画】雪男のDOTAMA発見!冷凍保存された巨大な頭部は…

シェアシェアー

2017年に世界中のUMAファンを最もガッカリさせたニュースと言えば「イエティのDNA解析問題」でしょう。

アメリカの研究チームが、ヒマラヤ山脈で発見されたイエティ、雪男のものと言われる「骨や皮」のDNAを調べた結果「熊と一致した」と野暮な発表したんですわ…

何で、そんな余計なことするんですかね?

未確認生物が好きな人たちだって、全ての噂や目撃情報を鵜呑みにしてるわけじゃなく「未確認」という曖昧なとこに惹かれてるわけなんですよ。

そこに科学の力を振りかざして「夢見てんじゃねぇ!!!雪男なんか存在するわけないっつーの!!!」ってのは、いくらなんでも横暴ですよ…

てな感じで、世界中のUMA推しが夢奪われて意気消沈してたタイミングで、嬉しいニュースが舞い込みましたよ!

なんとイエティのDOTAMAが冷凍保存されていたそうなんですわ!!!

スポンサーリンク

雪男のDOTAMA

こちらの男性はニューヨーク在住のドッグトレーナー兼コメディアンのピーター・ケインさん。

冷凍保存された雪男のDOTAMA

Photo|YouTube

そして、その傍らにある大きな毛まみれの物体こそ「雪男の頭部」なんだそうです。

確かに、言われてみれば伝え聞くところの雪男akaビッグフットに見えなくもない…

冷凍保存された雪男のDOTAMA

Photo|YouTube

1952年にピーターさんの父上が狩りをしていた時に雪男に遭遇して持ち帰ったもので、重さは54kgもあり、現在まで60年以上も冷凍保存されていたとか。

このケイン家に伝わるビッグフットのDOTAMAを撮影した映像がYouTubeに投稿されると、案の定、端からUMAの存在を全否定している人たちの嫌味なコメントが殺到…

「再生数稼ぐには良いアイデアだね」

「君の技術には驚きだよ」

「DNAテストで本物だって証明しろ」

このような心無い指摘にピーターさんは「確かに、俺は散々ジョークを言ってきたけど、これは本物だぜ」とコメント。

果たして、この巨大な毛もじゃの肉塊は何なのか?

気になるけど、気になるままで良くない?

source

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー