【実話】恋人はテトリス!人間を愛せない理系女子大生の特殊な恋愛観

【実話】恋人はテトリス!人間を愛せない理系女子大生の特殊な恋愛観

シェアシェアー

「初恋の相手はカーナビでした」

car navigation

Photo-Mix / Pixabay

そんな書き出しから始まる恋愛小説に、果たして感情移入することが出来るでしょうか?

特殊なラノベのような設定ですが、実はこれはある女性の実体験

人間の男性にはコレっぽっちも魅力を感じること無く、身の回りの機械類にだけ恋愛感情を抱くハードコアな理系女子が、その特殊な恋愛観を語り話題となっています…

スポンサーリンク

婚約者はテトリス

テトリスと結婚する理系女子

Photo|thesun.co.uk

フロリダ州の大学で数学を専攻する20歳の女子大学生ヌールル・マハビーン・ハッサンが初恋をしたのは10歳の時。

想いを寄せた相手は家の車に付いていた「カーナビ」だったそうです。

「家族で車に乗っている時、何とかカーナビに触ろうと言い訳を考えていたわ。カーナビに触って、音声が流れると本当に幸せを感じたのよ」

それから、ヌールルさんは周囲の男子やテレビのイケメン俳優などに異性としての魅力を感じること無く、身の回りの「iPod」や「ルームランナー」「GPSシステム」と恋愛を繰り返してきたとか…

そしてヌールルさんに運命の出会いが訪れたのは2016年9月。

テトリスと結婚する理系女子

Photo|thesun.co.uk

当時、ヌールルさんは電卓のピエールと付き合っていたそうですが、テトリスと恋に落ちてしまったのでした。

「テトリスはパーフェクトに美しくて、心に訴えかけてくるんです。私達の間には強い絆があって、私を満たしてくれる彼のことを心から愛しています」

これは尖った若手芸人が考えたシュールなコントではなく、本当の話。

ヌールルさんは電卓のピエールとの関係を解消し、テトリスとの交際をスタート。

長い時には1日12時間以上もスマホやゲームボーイでテトリスをプレイし続け、寝る時もベッドの中でテトリスグッズとイチャイチャ…

さらに、大学を卒業したらテトリスと結婚することも決心したそうで、友人や家族を招いた結婚式を計画中。

その恋愛観が話題となったヌールルさんはテレビのトークショーにも出演し、多くの視聴者を困惑させたのでした…

スポンサーリンク
海外B級ニュース関連記事