リアル紙幣をバッグにリメイク!経済危機のベネズエラで新トレンド誕生

今、南米のベネズエラではインフレが深刻な問題となっています。

Embed from Getty Images

原油の輸出価格が下落し、経済政策もことごとく失敗して紙幣の価値もガンガン下がってしまい、金は持ってても何も買えない悲惨な状況…

お金が道端に落ちてても誰も拾わないほどで、近隣の国へ脱出を図る人も続出しています。

Embed from Getty Images

そんな毎日がどん詰まりな状況の中でも、商魂たくましく新ビジネスを考案する人もいるわけです。

ある男性は「価値を失った紙幣を編み込んでファッションアイテムへリメイク」することを考案。

Embed from Getty Images

これがベネズエラのストリートで、ちょっとした評判となってるそうで…

スポンサーリンク

お札で出来たショルダーバッグ

ベネズエラで本物の紙幣をリメイクするトレンド

Photo|YouTube

ベネズエラで露店を開いて家族を養っていた25歳のウィルマー・ロジャスさんは、出口の見えないインフレ地獄の中で、新たなビジネスをスタートさせました。

ベネズエラで本物の紙幣をリメイクするトレンド

Photo|YouTube

「紙幣を持っていたって何も変えないから、みんな平気で捨てているよ。新聞やノートには使いみちがあるのに、お金が使えないんだよ。使えないけど、投げ捨てるよりはマシな使いかたがないかと思ってね」

ロジャスさんは、ゴミクズ同然の紙幣を編み込んで、ファッションアイテムへリメイクすることに。

ベネズエラで本物の紙幣をリメイクするトレンド

Photo|YouTube

バッグやサイフ、ハットに生まれかわったお札のファッションアイテムは、タバコや肉と物々交換出来るため、本来のお札よりも価値があるとか。

ストリートでは、ロジャスさんのリメイクアイテムが、ちょっとしたトレンドになり、真似する人も出始めてるそうです。

同じく、紙幣をリメイクして新たな価値を生み出している人が他にも…