【最新終活】火葬より環境に優しい「肥料葬」で土に還って地球に恩返し

日本では、死亡すると99.9%以上が火葬で灰と骨になります。

しかし遺体を焼却すると、一人あたり約200kgの二酸化炭素が排出されるので、環境に優しいとは言えません。

アメリカのワシントンに拠点を置く葬儀会社Rrecomposeは「地球環境への配慮」を念頭に、新たな埋葬技術を開発することに成功しました。

火葬より地球に優しい肥料葬

なんと、故人の遺体を30日かけて徐々に分解し肥料にして土に還すと言うのです!!!!

環境に優しい「肥料葬」で地球に恩返し

「地球は人々の人生をサポートし、守ってくれます。自分が死んだ時に、何か地球にへ恩返しができないか考えたのが始まりです」

遺体を肥料に分解する「肥料葬」を考案したRrecompose社の女性経営者カトリーナ・スペード氏は、実現に向けて4年の研究期間を費やし、安全に遺体を腐敗させるプロセスをリサーチ。

6名のボランティアの遺体で、肥料葬を完成させたとのこと。

火葬より地球に優しい肥料葬

遺体は木材チップ、藁、飼料と一緒に容器の中に入れられ、ゆっくりと腐敗が進み、30日後には肉体が堆肥となり、家族は残った骨だけを拾い集めるそうです。

はるかに火葬よりも時間はかかりますが、空気中に排出される温室効果ガスの量は少なく地球に優しいそうです。

この新たな埋葬技術には、すでに多くの問い合わせが来ているそうなんです!!!

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース