伝説の犯罪者を奉る「ギャングスター神社」に一般市民が殺到する理由

現在、南米のベネズエラでは、あまりに犯罪が多すぎるため、警察による治安維持がほとんど機能していない。

特に、首都カラカスでは2017年だけで14,000人が死亡し、殺人発生率は世界でもトップクラス。

そんな危険と隣り合わせのベネズエラで怯えながら暮らしている一般の人たちが足繁く通う宗教施設がある。

それがサントス・マランドロス(聖なる雄牛)寺院だ。

ギャングに幸せを祈るベネズエラの人々

Photo|YouTube

ベネズエラのギャングスタ神社

ギャングに幸せを祈るベネズエラの人々

Photo|YouTube

犯罪件数の多いカラカスの墓地など、数カ所に存在するサントス・マランドロスは、一般的な教会や神社とは大きく異なる。

なぜなら、礼拝に訪れた人々が祈りを捧げるのは、過去にベネズエラに実在した「カリスマギャングたち」なのだ。

犯罪者に救いを求める人達

ギャングに幸せを祈るベネズエラの人々

Photo|YouTube

グラサンにキャップ、くわえタバコで腰には拳銃を携え殺る気満々のギャング像に向かって祈る人々…

ギャングの犯罪に怯えている一般の人たちが、なぜギャングに祈るのか?

ベネズエラの人類学と宗教学に詳しいデイジー・バレット教授によれば、凶悪犯を崇拝するカルチャーは、1989年頃から現れだしたそうだ。

ベネズエラの治安の悪さが上昇するに連れて誕生したそうで、現在では一日に数百人がやって来て「盗難や銃撃からの保護」「愛する人の健康」などを祈っている。

ギャングに幸せを祈るベネズエラの人々

Photo|YouTube

崇拝の対象は過去にベネズエラに実在したギャングたちで、裏社会で名を轟かせた悪党ばかり。

中でも、人々に最も支持されているのが、1950〜60年代に実在したイスマエルという名のギャングだ…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-最新トレンド情報
-

© 2020 BQ NEWS