【実話】モスキート音でご近所トラブル泥沼化!イギリスのビッグダディ激怒

【実話】モスキート音でご近所トラブル泥沼化!イギリスのビッグダディ激怒

つい先日、神戸市内の住宅街でバーベキューをしていたら、隣家の女性が怒鳴り込んできて傷害事件にまで発展する騒動が報じられました…

騒音問題は何かとご近所トラブル招きやすいわけですが、イギリスではベクトルの異なる騒音問題で、隣同士に住む家主がバチバチに啀み合っているとか…

 

幼い子供たちを苦しめるモスキート音

モスキート音でご近所トラブル
Photo|TheSun

イングランド南西部のデボン州に住む52歳のトーマス・ウェルドンさんは、10人の子供を育てるビッグダディ。

大家族で賑やかに暮らしていたが、3年ほど前から子供たちに異変が…

幼い子供たちが、突然、頭や耳の痛みを訴えるようになったのです。

現在でも問題は解決されないまま、トーマスさんの一緒に暮らしている5歳、7歳、9歳、11歳、13歳、15歳の子供たちだけが日々、苦しめられているそうです。

原因は、トーマスさん一家の隣の家に住む女性が設置した、子供のイタズラ防止用に市販されているアラーム装置。

モスキート音でご近所トラブル
Photo|TheSun

このアラーム装置が、子供にしか聞こえない不快な高い周波数の音「モスキート音」を出す仕組みになっているのです。

「7歳の娘が叫び声を上げて痛みを訴えるので、私は病院へ連れていったほどです。子供たちが外で遊び始めると彼女がアラームを鳴らすので、玄関から出ることも出来ません。本当に悪夢です。私達家族は刑務所に入れられているみたいですよ」

このモスキート音のアラームを設置したのは、かつて地域の治安判事裁判所で働いていたレスリー・クーパーさん。

世のため人のために働いていた女性は、なぜ近所の子供達を苦しめるのでしょうか…?

 

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事