「歩く骸骨」目指して鼻と耳を切断した22歳!身体改造とタトゥーに賛否両論

「歩く骸骨」目指して鼻と耳を切断した22歳!身体改造とタトゥーに賛否両論

日本では人気タレントがタトゥーを入れたことで、賛否両論の大騒ぎとなっております。

Prince Ryuchellさん(@ryuzi33world929)がシェアした投稿

同じ頃、南米のコロンビアでも22歳の青年が入れたタトゥー+身体改造が世間の注目を集めています。

その青年は、自ら進んで「歩く骸骨」になろうとしていたのです…

кαlα¢αsкυllさん(@kalacaskull)がシェアした投稿

 

骸骨になるため身体改造

コロンビア人のエリック・イェイナー・ヒンカピエ・ラミレス22歳には夢がりました。

「骸骨人間におれはなるっ!!!!!」

幼い頃から骸骨に魅了されていたエリックは、20歳の時に一念発起して、骸骨になるための身体改造をスタート。

кαlα¢αsкυllさん(@kalacaskull)がシェアした投稿

骸骨人間への第一歩として、エリックは鼻の下半分を削ぎ落としてしまいました。

理由は「骸骨に鼻は付が付いていないから」だそうです。

さらに、骸骨に不要な「耳」も切断。

顔面全体にはタトゥーで骸骨っぽい陰影や剥き出しの歯を表現。

кαlα¢αsкυllさん(@kalacaskull)がシェアした投稿

わずか数年で、すっかり歩く骸骨となったエリックはタトゥーアーティスト「カラカスカル」を名乗り、南米全土のタトゥー、身体改造ファン達から大きな注目を集めています。

 

身体改造と偏見

кαlα¢αsкυllさん(@kalacaskull)がシェアした投稿

コロンビアでは、自発的に鼻と耳を切り落としたのはカラカスカルが初めてなので、彼の目的や理想を理解できない一般人から批判の声も多いとか…

「身体改造は全部自分で決めたこと。女性が整形手術で胸や尻を大きくするのと一緒だよ」

誹謗中傷にもめげず、完璧なドクロ人間を目指すカラカスカルは、顔のフォルムを変える整形手術も計画中。

кαlα¢αsкυllさん(@kalacaskull)がシェアした投稿

「自分にとって骸骨は妹や家族のような、とても掛け替えのない存在なんだよ。誰だって死ぬまで皮膚の下に骸骨持ってるだろ?
見た目は違うけど、自分の中身は普通の人間なんだ。人によって好きな音楽や服の趣味が違うのといっしょだよ」

 

今後、どこまでカラカスカルがリアル骸骨に近づけるか、皆も楽しみだよね!!!!

Source

ニュースなB級有名人カテゴリの最新記事