「左翼のデマ!!!」新型コロナ感染で熱狂的トランプ支持者が死亡!

拳にスーパーマンのようなトランプ元大統領のタトゥーを入れた髭の白人男性。

熱狂的トランプ支持者がコロナ感染で死亡

この男性は、もうこの世にいない。

新型コロナウイルスを「大したこと無い」「政治的なデマ」と軽視した結果、新型コロナウイルスに感染して死んでしまったのだ…

「新型コロナウイルスを自分に注射してやる!」

これはバイデン大統領が誕生するより以前の、2020年8月5日にFacebookに投稿されたコメント。

「俺には考えがある。新型コロナウイルスを自分で注射するんだ。もし俺が死ねば、お前らの妄想は正しかったことになる。でも俺が死ななかったら、お前らは全員デマに踊らされた政治家の手駒なんだよ!!」

こんな投稿をしたのは、アメリカのアラスカ州に住むボブという名の白人中年男性。

熱狂的トランプ支持者がコロナ感染で死亡

熱狂的なドナルド・トランプ元大統領の支持者で、トランプ元大統領の新型コロナウイルス軽視発言を信じて「新型コロナウイルスなんて本当は大したこと無い」「政治的な理由で大げさに報じられてるだけ」「自分でウイルスを注射しても問題ない」「マスクなんて必要ない」と、ネット上で根拠の無い過激発言を繰り返していた。

しかし…

そんなボブが最近投稿した近況報告にフォロワーは愕然とした。

「俺は今、病院の集中治療室で新型コロナウイルスの合併症と闘っている。毎日、肺が悪化しているようで、今夜辺り人工呼吸器をつける可能性がある。もう終わりだ。身体も心臓も問題ないのに肺だけが死にかけてる…」

新型コロナウイルスへの軽視発言を繰り返していたボブが、新型コロナウイルスに感染して重症化していたのだ。

これで流石にボブも新型コロナウイルスやトランプ元大統領に対する考え方が変わるのかと思いきや…

次のページへ >

© 2021 BQ NEWS