警察が警告「トランプ大統領印の顔面ドラッグ危険!!だめ絶対!!」

新型コロナウイルスの感染者が30万人、死亡者数が4万人を超えたコロナ禍のイギリスで、ある種のドラッグが問題視されています。

つい先日、イングランドのベッドフォードシャー州で逮捕された麻薬の売人から押収したのがコチラ…

トランプ大統領印のドラッグは危険

オレンジ色の錠剤タイプのドラッグなんですが、その形をよく見ると…ドナルド・トランプ大統領の顔面を模っているのです!!!

トランプ大統領印のドラッグは危険

トランプ大統領の顔面ドラッグだめ絶対!!

押収されたトランプ大統領タイプのドラッグは、合成麻薬のMDMA(エクスタシー)です。

トランプ大統領印のドラッグは危険

MDMAを服用すると、脳内のセロトニンが過剰に放出されることで多幸感が得られることから、クラブやレイブパーティーで人気のドラッグ。

先日、イングランドのベッドフォードシャー州の警察は、次のようなコメントを発表。

「犯罪者は、常に自分の売っているドラッグを魅力的にアピールする新たな方法を模索しています。これまでにも、様々なポップアイコンを模ったMDMAを見てきましたが、最近ではドナルド・トランプが流行しています。私達は、有害な犯罪行為から一般市民を守るために、努力しています」

トランプ大統領を模したMDMAは、2017年頃から欧米のドラッグマーケットで出回るようになり、コロナ禍の2020年でも膨大な量が売買され、問題となっているのです。

トランプ大統領MDMAでオーバードーズの危険

トランプ大統領印のドラッグは危険

現在、ドラッグ市場に多く出回っているトランプ大統領印のMDMAは、純度の高いものが多いため、ジャンキーからは喜ばれる反面、人によっては1粒飲み込んだだけでオーバードーズを引き起こす危険があるそうです。

オーバードーズの症例としては…

過度な興奮状態
脱水症状
異常な心拍数
パニック発作
幻覚
針で刺されたような痛み
筋肉の硬直、痙攣……など

また正体不明の不純物が混じっている場合には、後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ることも…

もし、皆さんの目の前にドナルド・トランプ大統領の錠剤を差し出されても、口に入れちゃダメだぞ!!!

こんな麻薬、ドラッグに関する仰天ニュースも!?

コカイン密輸がバレた原因はキアヌ・リーブス
コカイン密輸バレた原因はキアヌ・リーブス!?映画ファンの税関職員お手柄

コロンビアと言えば、世界的なコーヒー豆の生産地。 そんなコロンビアから空輸されたコーヒー豆が、イタリアの空港で没収されて ...

続きを見る

エクスタシー香水で麻薬撲滅
MDMAの香り!?警察がエクスタシー香水配って麻薬組織を撲滅作戦

オランダの警察が、街行く市民に香水のサンプルを配り始めました。 これは、警察が市民のご機嫌取りをしているわけではなく犯罪 ...

続きを見る

TikTok危険トレンド「ナツメグチャレンジ」
TikTok危険トレンド「ナツメグチャレンジ」で幻覚や混乱が少年少女を襲う

若者に人気のTikTokだが、面白半分の危険なチャレンジが問題となることもある。 TikTokへ夢中になっている子供を持 ...

続きを見る

source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース