中二病暴走!自分に水銀を注射した少年「スーパーヒーローになりたかった」

大抵の男の子は、一度はスーパーヒーローに憧れる。でも、いつかは「所詮は作り話…自分はただの凡人…」と諦め、悪の組織と戦うことなく平凡な人生を歩んでいく。

ところが、インドに住む15歳の少年は、何が何でもスーパーヒーローになりたかったので危険な手段を選んだ。

なんと自分の体に水銀を注射したのだ!!!

中二病暴走でスーパーヒーローになりたくて水銀を注射した少年

自分に水銀を注射した少年「スーパーヒーローになりたかった」

インドの国立バイオテクノロジー情報センターの報告書に、15歳の少年に関する治療記録が掲載された。

その少年は腕の痛みを訴えて、病院へ治療に訪れた。医師が診察すると、少年の左腕には、普通の怪我では考えられないような潰瘍が出来ている。

中二病暴走でスーパーヒーローになりたくて水銀を注射した少年

原因に心当たりが無いか尋ねると…

「2ヶ月前、スーパーヒーローになりたくて自分で水銀を注射した」

古代において水銀は不老不死の薬として珍重され、秦の始皇帝が服用していたことも知られている。しかし、水銀は毒性が高く、体内に吸収されると中枢神経や内蔵に障害をもたらす。

少年はアナログの水銀体温計の中から水銀だけを取り出し、意図的に3回も自分に注射したのだと告白した。

中二病暴走でスーパーヒーローになりたくて水銀を注射した少年

実際にマーベルコミックの「X-MEN」には、体を水銀のように液体金属化できるマーキュリーというキャラクターが登場する。少年は、このマーキュリーに憧れて、水銀を注射したんだとか。

さらに、少年は水銀だけでなくスーパーパワーを得るため昆虫を使ったアプローチも試していた!!!

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS