【悲惨】玄関開けたら不審者が美女の頭に接着剤キャップで丸坊主事件

南米コロンビア出身のマルセラ・タスコン31歳は、現在、スペインのバレンシア在住。

美容クリニックの経営も順調なマルセラさんだが、先日、あまりにも理不尽な災難が降り掛かった…

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

見知らぬ男からの理不尽なプレゼント

午前9時、誰かがマルセラさんの自宅マンションの玄関をノックした。

花束を持って玄関に立っていた見知らぬ男は「あなたに贈り物です」と言う。

マルセラさんと8歳の息子は、プレゼントを受け取るために玄関を開けた。

すると、男は花束を地面に叩きつけ「この雌犬!!!」と叫ぶと突然、マルセラさんの頭に帽子を被せた。

男はダッシュで逃走。状況が飲み込めないマルセラさんは、すぐ頭部に異変を感じた。

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

バスルームに駆け込んで帽子をとると、髪の毛には接着剤がベットリ…

自分で解決できるような状況ではなく、マルセラさんは泣き叫ぶ息子をなだめ、警察に連絡するよう頼んだ。

頭部に火傷&丸刈り

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

すぐにマルセラさんは病院へ搬送された。

接着剤の成分で頭部には火傷を負ってしまい、ベットベトの長い髪は丸刈り以外に選択肢はなかった…

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

はたして、誰がこんな酷いことをしたのか?

警察は犯人の行方を追っている最中だが、実は、この事件が発生する以前に、マルセラさんの周辺では不審な出来事が相次いでいたと言う…

次のページへ >

© 2021 BQ NEWS