海外ノンフィクション

【悲惨】玄関開けたら不審者が美女の頭に接着剤キャップで丸坊主事件

南米コロンビア出身のマルセラ・タスコン31歳は、現在、スペインのバレンシア在住。

美容クリニックの経営も順調なマルセラさんだが、先日、あまりにも理不尽な災難が降り掛かった…

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

見知らぬ男からの理不尽なプレゼント

午前9時、誰かがマルセラさんの自宅マンションの玄関をノックした。

花束を持って玄関に立っていた見知らぬ男は「あなたに贈り物です」と言う。

マルセラさんと8歳の息子は、プレゼントを受け取るために玄関を開けた。

すると、男は花束を地面に叩きつけ「この雌犬!!!」と叫ぶと突然、マルセラさんの頭に帽子を被せた。

男はダッシュで逃走。状況が飲み込めないマルセラさんは、すぐ頭部に異変を感じた。

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

バスルームに駆け込んで帽子をとると、髪の毛には接着剤がベットリ…

自分で解決できるような状況ではなく、マルセラさんは泣き叫ぶ息子をなだめ、警察に連絡するよう頼んだ。

頭部に火傷&丸刈り

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

すぐにマルセラさんは病院へ搬送された。

接着剤の成分で頭部には火傷を負ってしまい、ベットベトの長い髪は丸刈り以外に選択肢はなかった…

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

はたして、誰がこんな酷いことをしたのか?

警察は犯人の行方を追っている最中だが、実は、この事件が発生する以前に、マルセラさんの周辺では不審な出来事が相次いでいたと言う…

犯人はコロンビア人?

不審者が美人の頭に接着剤キャップ事件

今回の接着剤キャップ事件について、コロンビア出身のマルセラさんには心当たりがあった…

「このような嫌がらせは、コロンビアでは良く知られています。浮気された妻が、人を雇って夫の浮気相手の女性に、接着剤たっぷりの帽子を被せるのです」

マルセラさんは自宅マンショの別室で美容クリニックも経営しているのだが、1ヶ月ほど前にコロンビア訛りの女性から不審な予約電話があったり、2週間前にはマンション内を彷徨く怪しい男性も見かけたとのこと。

そして事件発生の数分前にもコロンビア訛りの女性から電話を受けていたとのこと。

マルセラさんは「不審な男はコロンビア出身の女性に雇われた」と推理しているが、彼女が既婚者の男性と不倫関係にあったかは「警察が捜査中だから…」と言葉を濁した。

日本の女性の皆さんは「妻のいるコロンビア人との不倫は危険」ってことだけは覚えおいてね。

こんな恋愛に関する仰天ニュースも!?

台湾男子の告白「恋と糖尿」
【恋と糖尿】コンビニの可愛い店員目当てに毎日コーヒー買い続けた男の悲劇

近所のコンビニの店員さんが「超可愛い」「めっちゃイケメン」それだけの理由で足繁く通ってしまう人いませんか? 今から2年前 ...

続きを見る

恋人はゾンビ人形
【実話】恋人はゾンビ…19歳女子が家族の反対押し切って結婚を決意

お互いに愛し合っているけれど、周囲の人達から祝福されない恋もある… アメリカのマサチューセッツ州に住む19歳のフェリシテ ...

続きを見る

泥沼離婚裁判で元妻と決闘
【超泥沼離婚裁判】元夫「別れた妻と合法的に日本刀で決闘させてくれ!」

泥沼離婚… 離婚だけでも頭が痛い問題なのに、その上「泥沼」だなんて夢も希望もないじゃないか。 現在、泥沼離婚のど真ん中で ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-海外ノンフィクション
-,

© 2022 海外B級ニュース