【雑学】「キス」の研究で明かされた5つの真実!体内で驚きの変化が!?

キスしてますか?

もし「キスはごぶさた」「まだキスしたことない」なんて人は、早く相手を見つけてブチュッと口吻かまさなきゃ損してますよ!!!

なんせキスするだけで、人間の体内からは色んな物質が分泌されてプラスに作用するそうなんですよ!!

ここでは「キスに関する5つの研究結果」を報告させていただきます!!!

キスの真実1 ストレスが減る!!

アメリカのペンシルベニア州にあるラファイエット大学で行われた研究によれば「キスをすることでストレスが減る」ことが明らかになったそうです。

研究チームは、学生を実験台にして15分間キスをする実験を行ったところ、ストレスホルモンのコルチゾールが激的に低下。

さらに「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれる、幸福を感じるホルモンのオキシトシンが増加することが判明しました。

仕事や勉強でイライラが溜まってる人は、お酒に逃げるより、キスをブチュッとすれば解決しちゃうかも!?

キスの真実2 コレステロールが減る!!

学術誌「ウエスタン・ジャーナル・オブ・コミュニケーション」に発表された研究によれば、キスをすると血液中のコレステロール濃度が低下することが明らかになったそうです。

コレステロールは体内の脂質の一種で、細胞膜を作ったり血管を維持するのに重要な役割を果たす反面、動脈硬化や生活習慣病の現任にもなるため、増えすぎるとよろしくありません。

健康診断のコレステロール値で引っかかった人は、食生活を見直しつつ、キスの回数を増やしてみてはいかがですか?

キスの真実3 強い子孫を残せる相手か判別!!

名門オックスフォード大学の研究結果は驚きです。

人間はキスをしている時、相手の唾液に含まれる化学物質から「この人とは強い子孫を残せるかどうか?」を判断しているそうなんです。

つまり、初めてキスをした相手と直感的に「子供を作りたい!!」と感じたら、それは唾液の力によるもので、強い子孫を残せると脳が判断した結果なのかもしれません。

結婚生活が幸せになるかは置いといて、キス判断で優秀な子供が生まれてくる可能性は高いのかも!?

キスの真実4 アドレナリン出まくり

誰かと初めてキスをする時、胸がドキドキした経験のある人も多いはず。

その時、体内では大量のアドレナリンが放出され、心拍数が増加しています。

そしてエネルギーレベルは上昇し、血液の流れが早くなります。

これらは人体にとって良い作用なので、キスでドキドキしてる時は、アドレナリンが出まくってる証拠ですよ!!

スポンサーリンク

キスの真実5 キスでポジティブ!!

ハーバード大学で心理学を教えるジャスティン・レミラー教授によれば、キスをしている時、人間の脳内にはドーパミンが溢れ出しているそうです。

これは何かを楽しんでいる時に放出されるドーパミンと一緒で、人間にとってポジティブに作用します

何かと落ち込むことが多い人は、キスしまくって気分をアゲちゃってください!!

source

こんな驚きの研究結果も!?

マジ研究「テキーラは骨に良い!?」メキシコの学者が原料から大発見

2017.05.09

「3秒ルール」は正解!?科学者が床に落とした物は食べれるか?検証

2017.03.16
スポンサーリンク