【感動実話】40年前に死んだはずの母が娘と再会!コブラに噛まれ記憶喪失

これは2016年に起きた、まるで映画のような奇跡の感動実話。

全ての始まりは1976年の夏。

インドのビドヌー村で暮らしていたヴィラサさんは、当時42歳で二児の母親。

その日、彼女は畑に出かけたところ不運にもコブラに噛まれてしまった…

コブラ

コブラに噛まれた母は死んでいなかった!?

当然、コブラの毒は速やかに適切な処置をしなければ、人を死に至らしめることもある。

ヴィラサさんは民間療法師のもとで治療を受けたが、コブラの毒で意識を失ってしまった。

この時、周囲の人達はヴィラサさんが死んだのだと思い込み、家族は彼女を布で包み、木の船に乗せてガンジス川へ流した。

インドでは火葬が一般的だが、ヘビに噛まれて死亡した場合「ガンジス川に遺体を流せば、聖なる力で毒が取り除かれ故人は生き返る」と一部の人達は信じている。

識を失ったままガンジス河を下っていったヴィラサさんは、まだ生きていることに気付いた漁師の夫婦に救出される。

その後、地元の寺院に搬送され治療を受けると、彼女は健康を取り戻していった。

ところが、回復したヴィラサさんは記憶喪失になっていた。

自分が誰なのか、どこから来たのかも思い出せない。行くあてもない彼女は、その後40年間、寺院にとどまって生活したのだが…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2022 海外B級ニュース