【雑学】90年代の洋楽トリビア!あの名曲ヒット曲の知られざる裏側

シェアシェアー

世界中でCDが売れまくってた90年代には数々の名曲が誕生した。

その中には、熱心なリスナーでも知らない裏話や後日談があった…

スポンサーリンク

エアロスミス「I Don’t Want to Miss a Thing」

1998年に映画「アルマゲドン」の主題歌として世界的に大ヒット。

現在でも、日本のテレビ番組内などで流れるため、若い世代にとっても耳馴染みのある「I Don’t Want to Miss a Thing」。

実は、1998年の映画公開当時、エアロスミスはバンド結成から28年が過ぎていたが、アメリカのCDシングルチャートで1位を獲得したのは、この曲が最初。

アカデミー賞の主題歌賞と、最低の映画を決めるゴールデンラズベリー賞の最低主題歌賞に同時ノミネートされたが、どちらも受賞を逃している。

そして、あまり知られていないが、この曲を作ったのはエアロ・スミスではない。

作曲したのは女性ソングライターのダイアン・ウォーレンで、そもそもセリーヌ・ディオンのために書かれた曲だった。

バックストリート・ボーイズ「I Want It That Way」

1995年にデビューした5人組のバックストリート・ボーイズは、日本でも社会現象となるほど世界のトップアイドルとして君臨した。

1999年にリリースされた「I Want It That Way」は、25カ国のシングルチャートで1位に輝いた。

実は、この曲はリリースから12年後の2011年に中国で「青少年にとって有害100曲」に指定され、中国のネット上から曲の情報が削除されることになった。

その理由はメタリカのヒット曲「Nothing Else Matters」と曲調がソックリだったから。

ガンズ・アンド・ローゼズ「November Rain」

曲の尺が9分もある「November Rain」をガンズ・アンド・ローゼズがリリースしたのは1992年。

この曲はビルボードチャートのトップ10に入った最も長い曲となった。

そのPVは、当時として最も制作費がかかった作品だった。

PVのためだけに砂漠に教会を建設し、撮影費用は150万ドル以上。

さらにPVの中のコンサートシーンでも、このためだけにロサンゼルスの会場を借り、雇ったエキストラで満員にして撮影された。

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー